今までのハローワーク(HW)

人材の移動が激しくなっている昨今、民間求人サイトは求人側、求職側両社に使いやすいサービスに進歩してきました。HWは使いやすさの面に遅れがあり敬遠される傾向がありました。(例えばHW窓口に行って所定の用紙に書き込んで求職するとか、HWに行って端末を見なければ出ていない求人情報がある等)しかし2020年から抜本的見直しをしたHW求人がスタートすると発表されています。

HW、どこが使いやすくなる?(会社の場合)

①会社においてHWIS(ハローワークインターネットサービス)を活用した求人ができるようになります。今まではHWISに求人情報を入力まではできましたが掲載は窓口まで行く必要がありました。

②会社マイページから過去の募集求人を利用し簡便に求人ができ、求職者との連絡や採用、不採用の連絡ができるようになります。民間の求人サイトと同様の機能が実装されそうです。連絡機能が強化され求職者を逃さず採用できるでしょう

③求人情報等の充実(自社アピール機会が強化されます)「仕事の内容」や「固定残業代」などの求人を詳細に書き込めます。特に画像情報や会社からのメッセージ(社員からのメッセージ)が強化される予定です。会社の情報が強化されれば従来より求職者を採用できる環境に様変わりするでしょう。

④これがすごい!求職者へのリクエストができるようになります。求職者にもマイページが割り当てられそこに職歴やスキルといったことをかけるようになります。求職者のマイページ情報を見て民間求人にあるようなヘッドハント、直接スカウトができることになるようです。2021年までに実装予定です。

HW、どこが使いやすくなる?(求職中の場合)

①自宅からHWISを通じて求職ができるように弱点だったHWまで足を運ばなければ見にくかった求人情報を自宅から見て、採用エントリーまでできます。スマホファーストにもなるでしょう。

②HW窓口情報とネット情報の求人の一元化も進められます。従来は一部表示情報に差異があり窓口でしか見れない情報がありました。③会社のスカウトがマイページに来ることになります。転職を考えている人の登録が増加するでしょう。

大きな転職市場になるかも

すべて実装されれば今までのHWとは別物になるでしょう。求職者の流入も予想され、なおかつ求人も無料。求人はHWが基本の時代が来るかもしれません

**************************************

全員参加型社会の実現に向けて、ハローワークが引き続き労働市場のセーフティネットとしての役割を果たすため、 「『懇切・公正・迅速』なサービス」と「システム経費の最大限の削減※」を実現する。※政府目標:2013年度比3割減

○ハローワークインターネット サービスの充実 ・求人者マイページ、求職者マイページ を新設し、利用者がハローワークに来 所せずにオンラインで利用できるサー ビスを充実

○ハローワークでの職業紹介 サービスに係る機能の充実 ・求人・求職情報提供、検索機能の強 化等による求人・求職者のニーズに 応じたきめ細かな支援の実現

○各種事務処理の見直し ・「個人」及び「事業所」の単位でシ ステム内の情報を紐付けた共通台帳 の創設や統計分析機能の充実、画面 遷移の改善等、使い勝手の向上と事 務処理の効率化

利用者の利便性の向上、 ハローワーク業務の効率化 ・来所を要しないサービスの拡大 ・記入負担、待ち時間の削減による利 用者・職員双方の負担軽減 ・効率的な求職・求人活動の実現

真に支援が必要な方への サービスの充実 ・就職困難者等への職業相談・就職支援 の充実 ・事業所訪問等を通じた実態把握、求人 充足支援等の強化 ・利用者の状況を的確に把握した効果的 な支援の実現

u雇用保険料財源の節約 ・求人情報提供端末、プリンタ の削減 ・OCR機器の削減 ・トナー、印刷用紙削減

https://jsite.mhlw.go.jp/mie-roudoukyoku/content/contents/000533872.pdf