あなたの会社にサンドイッチ世代は何人?

サンドイッチ世代とは、子育てと親の世話を同時に行っている世代のことです。

40代、50代という企業の中核を担う世代でありながら、育児と介護の負担によって仕事と両立できず離職してしまう……そんなリスクをもった世代ともいえます。

近年では女性だけではなく男性の介護離職の割合が高まっており、この離職防止のための両立支援を重要視する企業が増えています。

 

育児と介護の支援は同じ??

仕事との両立支援として、育児と介護は同様に重要な観点ですが、その内容は大きく異なります。

例えば、育児は準備期間があり子供が成長すれば一定の区切りがつきますが、介護はある日突然で、どのぐらいの期間続くのか見通しがつかない場合がほとんどでしょう。

一方で、介護は育児よりも日々の時間的な制約が緩やかともいわれています。

介護の現状は多様であり、育児と同じ施策のラインナップでは十分とはいえず、従業員の状況を把握したうえでの施策の検討が必要です。

では、どのような支援策があるのでしょうか。

中小企業に特化した助成金の活用

従業員には、93日間の介護休業があります。この休業期間は、介護のためだけではなく、働きながら介護できる体制作りのための期間でもあり、必要なタイミングで取得できるよう3回まで分割が可能です。

介護休暇制度や介護休業中に受けられる介護休業給付金(休業開始前賃金の67%相当)もあります。


企業に対しては、「介護離職防止支援助成金」の制度があり、今年度は中小企業に特化し、支給上限を拡大する改正が行われました。

具体的には、「介護支援プラン」を策定したうえで、例えば、従業員が介護休業を取得する、あるいは新たに介護のための制度(フレックスタイム制度や労働時間短縮制度など)を導入、活用するなどの要件を満たすと、36万円(1年度5人以内)までの助成金が受けられます。(制度詳細は⇒https://www.mhlw.go.jp/content/000527589.pdf

***********************************


大企業に比べて中小企業では取組みが遅れていると考えられ、助成金制度を中小企業対象に改正したと考えられます。
政府は、急激な少子高齢化を踏まえて、「希望を生み出す強い経済」、「夢をつむぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の「新・三本の矢」の実現を目的とする「一億総活躍社会」に向けた取組を進めています。このうち、「安心につながる社会保障」に関連する取組の一環として、2020年代初頭までに家族の介護を理由とした離職の防止等を図るべく「介護離職ゼロ」を推進していくこととしており、必要な介護サービスの確保と、働く環境改善・家族支援を両輪として取り組んでいます。

 

・男性の介護離職割合について

平成29年度就業構造基本調査によれば、介護離職者のうち男性が占める割合は、以下の通り高まっている。

理由は明確ではありませんが、男性の家事参加や未婚男性の増加などが考えられます。

 

https://www.stat.go.jp/data/shugyou/2017/pdf/kgaiyou.pdf

(P6の表を加工)

 

・介護休業制度の概要リーフレット

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000480606.pdf

 

・介護休業者への経済的支援(介護休業給付等)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/ikuji_h28_11_02.pdf