いつどこで求人するか

採用活動ではどのような時期にどのような求人媒体に出すかで結果が変わってきます。

自社に向いていない時期と媒体で求人してしまうと、全然人が来ないということになってしまいます。

一般に中途採用のタイミングは3月、9月、6月の順で多いと言われています。

日本では4月決算で9月は中間決算の企業が多く、人員配置を考える時期が4月や10月に集中するからです。

6月が多いのは新人研修後のGW明けに退職者が増えるため、その補充のため活発になります。

求職者が活発に動く時期はいつでしょう。一般に、退職が増える時期は人事異動が多い3月と9月といった決算期と重なります。

また、ボーナスをもらってからやめようと6月と12月も多くなります。新卒の特徴は、GW後に退職者が出て大きく動きます。

求職活動のピークは夏休み間近の5~7月は動きが鈍く、夏休みに友人と情報交換した後の9月が若手のピーク。

一方で、中高年齢層のピークは、12月のボーナス後、年末年始に親戚や友人と情報交換した1月に求職活動が活性化すると言われています。

このことから若手を中途採用したいときは9月、ベテランを採用したいときは年明けあたりが求人を出す目安となります。

どの層を採用する必要があるのかターゲット人材の動くタイミングと、自社の人材が不足している層を見極めるとよいでしょう。

求人媒体にもそれぞれ特徴があります

①紙媒体②Web媒体③人材派遣④人材紹介はサポートが手厚い分比較的コストが高く⑤SNS⑥クチコミ⑦学校(大学・専門)⑧ハローワークなどは自前で動かなければならないですがコストが低く採用活動ができます。

即戦力が必要であれば④人材紹介、じっくり自社の社風に育成したいなら⑦の学校からの紹介などの活用がいいでしょう。

若年層は②Web媒体やSNSに集まります。中高年齢層は①紙媒体をよく見ているようです。

無料で求人できるハローワークを最大限活用する場合①低コスト②中堅スキル③中高齢層を中心に④やや時間がかかっても問題ない状況で使うのが望ましいです。

それぞれの時期や媒体によって得手不得手、費用も変わってきます。自社がターゲットとする人材がよく見る媒体に求人を出すと思った通りの人材が集まりやすいでしょう。

***********************************************

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表しています。 令和元年7月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍となり、前月を0.02ポイント下回りました。 新規求人倍率(季節調整値)は2.34倍となり、前月を0.02ポイント下回りました。正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.14倍となり、前月を0.01ポイント下回りました。7月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.2%減となり、有効求職者(同)は1.0%増となりました。7月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると2.5%増となりました。これを産業別にみると、医療,福祉(8.1%増)、建設業(7.9%増)、宿泊業,飲食サービス業(7.0%増)、情報通信業(4.8%増)、教育,学習支援業(4.7%増)などで増加となり、製造業(5.9%減)、生活関連サービス業,娯楽業(2.8%減)、サービス業(他に分類されないもの)(2.1%減)、学術研究,専門・技術サービス業(0.3%減)などで減少となりました。

都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は岐阜県の2.15倍、最低は

北海道の1.29倍、受理地別では、最高は東京都の2.09倍、最低は神奈川県の1.17倍となりました。

厚生労働省HPより

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00021.html