新型コロナウイルスによって大きな影響が出始めています。

その関連で従業員の雇用を守るために助成されている雇用調整助成金が2020年4月1日から6月30日まで拡張されることが発表されました

従業員賃金の一部が助成されると考えていただくとわかりやすいです

厚労省ホームページ2020年3月28日報道資料

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10551.html

https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000614800.pdf

①売上減少要件が前年同月比5%以上のダウン(今回の特例の前の特例は10%以上のダウン)

②雇用保険に加入していない従業員も対象になりました(以前は雇用保険加入者だけが対象)

③助成割合がアップしました中小企業は5分の4、解雇がなければ9割助成。大企業は75%(拡充前は中小66%、大企業は50%)

④支給日数が100日から最長約190日に増加

⑤残業相殺を停止(緩和前は残業を行っているとその分助成金額が減少しました)

要件が3月前半時よりもさらに緩和されます。従業員の雇用確保するためにも雇用調整助成金を活用してください。

相談窓口は企業の所在している全国の管轄のハローワークです

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/list.html(東京に事業所が所在している場合の例)

また相談窓口が設けられました(雇用調整助成金コールセンター)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10503.html

当事務所でもご相談を受け付けています