「コミュニカビリティ」と言う造語があり、「日本人のコミュニケーションの巧みさ」を指すようです。

「コミュニカビリティ」は、日本人の生活の様々な場面で活かされています。

「コミュニカビリティ」の「現れ」

身近な例をいくつか挙げて見ましょう。

・日本の居酒屋文化は、今や外国人の「ファン」をひきつけるようにまでなっています。居酒屋で出会った人々が、たちまち意気投合して、十年来の知己のように仲良く話をするのは楽しいものです。

・プロ野球やサッカーのサポーターが、ファンとして共通の意識で秩序正しく、応援に参加し、喜びや残念さを共有して楽しむのも「和の文化」であり、「コミュニカビリティ」の表れと言えましょう。

・大学駅伝マラソンで連勝を続ける青山学院大学では、先輩・後輩の分け隔てなく合宿所の掃除を行い、駅伝のやり方・走法について率直な意見交換をします。そのようなコミュニケーションによって、個々のランナーが育ち、チームワークも強化されるのです。

・筑波研究学園都市では一時、自殺者があとを絶たず、地域の中央に何軒かの居酒屋を開店したところその問題が解決された、と言う話があります。居場所をなくして悩んだひとが居酒屋でのコミュニケーションに救われたのです。

ビジネスのコミュニカビリティ

ビジネスにおいても「コミュニカビリティ」は有益です。

例えば目標管理制度の運用で、年齢・性別にかかわらず、自分達の目標達成について、成功要因・障害など、和気藹々と率直な意見交換を行う習慣を持てば、その中で、個々人が育ち、チームワークが生れます。

経営者・管理者の留意点

このような「コミュニカビリティ」を生み出す役割は、経営者・管理者のマネジメントにあり、「三現主義」に基づいて、率直・自由なコミュニケーションをファシリテーションで促進するのです。

***************************************

https://japanjapanese.net/feature/character.html

日本と日本人の文化(抜粋)

日本人の性格

私たち日本人は、日本人を主観的に見ています。

それでは、諸外国から見て、日本人はどのような性格を持った人々なのでしょうか?

私自身、様々な国を旅行して外国人と交流した経験が豊富にありますが、改めてここで、「日本人特有の性格」について、考えてみたいと思います。

日本人の性格を特徴を現すものとして、

過度に集団行動を好む

礼儀正しくきちんと挨拶をする

秩序にこだわる

綺麗好き

美意識が高い

仕事が丁寧

時間や約束を守る

自己主張や自己表現が下手。逆に、それが奥ゆかしく、日本人の美徳にもなり得る

治安が良く、災害時でも冷静。但し危機管理が甘いことも事実

細部までこだわる(例:整理整頓、ギフト包装など)

創造性に溢れている(例:アニメやオタク文化など)

宗教対立がなく、テロもない

貯金が好きで、倹約意識が高い(「勿体無い」という言葉に象徴される)

などが挙げられます。

これは、あくまで外国人目線の、日本人の性格の特徴です。

私たちは普段集団行動ばかりしているので、自分たちを特別に「集団好きの民族」などとは思ったりしないでしょう。

そして、ここに挙げられるものは、プラスとして捉えられるものも多いのですが、マイナスに捉えられるものもあります。

しかしながら、日本人の誠実な対人関係や仕事ぶりは世界中でお手本とされ、日本のイメージはプラスマイナスで言うと、プラスに傾くことが多い気がします。

日本人の精神を形成した宗教:禅・神道・

儒教

日本人の特徴

日本人の性格

和の心

侘び・寂び

きれい好き

クリエイティブな発想

日本人は自己評価が低い

美しい日本の伝統と文化

茶道

華道

書道

浮世絵

歌舞伎

日本特有の面白い職業

武士・侍

忍者

舞妓・芸者((以下略)