トラックドライバーの長時間労働を減らすために荷役作業の記録の義務付け

トラックドライバーが車両総重量8トン以上又は最大積載量5トン以上のトラックに乗務した場合に、集貨地点等で荷役作業又は附帯業務を実施した場合についても、乗務記録の記載対象として追加する改正が令和元年(2019年)6月15日から施行されます。

改正についての国土交通省からの案内によると

国土交通省ではこの改正により、トラック事業者と荷主の協力によるドライバーの長時間労働の是正等への取組みを促進していくことを発表しています。

「改正概要リーフレット」も公表されています。トラック、運送業では新たに対象となる車両・作業等がないかなど確認しておく必要があるでしょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<トラックドライバー長時間労働の是正・コンプライアンスの確保を図るため、荷役作業・附帯業務は、記録の義務付けを開始します。~中型トラック以上に記録が義務付けている記載対象の拡大~>

国土交通省HP http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000184.html

報道発表資料 http://www.mlit.go.jp/common/001291360.pdf