規律の乱れに気づいたら

昨年発表された厚生労働省調査によると労働相談は9年連続100万件を超え増加傾向が続いています。

しかし労使トラブルは表面化している事ばかりではありません。就労上の小さなルール違反や職場の秩序の乱れ等、就業に影響を与える言動等いわゆる規律の乱れも見逃せません。

目に余るような言動であれば注意指導、懲戒を行うこともあるでしょう。しかし遅刻、言葉使い等些細な規律の乱れをいちいち注意はしなくてもと見過ごしているうちに前と違ったルールになっていたり、守って欲しい事が勝手な解釈や行動で職場の雰囲気の乱れとなっている事に気づく事が無いでしょうか。

就業規則の内容をより明確に伝える

労使トラブルや規律の乱れを防ぐためにも就業規則の整備は必要ではありますが就業規則では拾いきれないこまごまとした日常の規範は別に「職場のルールブック」を作成すると良いでしょう。

行動規範があると上司からの注意指導がしやすくなり、従業員側も守るべきルールがはっきりする事で行動がし易くなります。又、新しい人を採用しても統一した基準や仕組みがあれば分かり易く職場のまとまりも良くなり労使双方にメリットがあると言えるでしょう。

職場ルールブックのメニューとは

ルールブックの内容は次の様な物になりますが、企業によって他にもあるかもしれません。内容は経営者や管理職、又従業員代表も交えて意見を聞くのも良いでしょう。

①就業上の基本的ルール・・・勤務時間、遅刻、早退、欠勤、休日等に関する事、各種届け出や服務に関する心得等

②職務上守って欲しい事や禁止をしたい事

パソコンや情報の取り扱い、社有車、事故報告、ハラスメント防止等

③従業員に期待する事

ビジネスマナー、報連相、ヒヤリハット報告、クレーム対応等

④安全衛生 健康管理

⑤福利厚生・・・慶弔関連、社員旅行、クラブ活動、持株制度等

⑥病気、ケガ、結婚、子の誕生、産休育休の報告手続き

⑦社内規則抜粋 退職・定年・懲戒・休職

⑧会社について 社長からのメッセージ

経営理念、経営計画、目標等

*******************************

このような事はありませんか?

□ 遅刻や欠勤をする従業員が増えてきた

□ 当日になって休暇を申し出る従業員が多くなってきた

□ 業務の引継ぎを無視したような突然の退職の申し出を受けた

□ 従業員の言葉遣いや態度、身だしなみが悪くなってきた

□ 挨拶をしなかったり、不適切な挨拶が目立つようになってきた

□ お客様から、従業員の言葉遣いや態度に対する苦情が増えてきた

□ 業務時間中に、私用で携帯電話やメールを使っている従業員が増 えてきた

□ 職場のルールや決め事が守られなくなってきた

 

職場の規律が低下している2つの大きな原因

【原因1】 従業員と会社・事業所との認識のギャップ

【原因2】 規律の乱れの放置

 

職場の乱れを見逃さない規律正しい職場にするには ルール違反があったときは、適切に注意・指導する 管理職へ職場のルールを理解させ、注意・指導のポイントを教える 従業員へ職場のルールを周知し、守らせる 職場のルールをわかりやすくする 管理職対象の (「職場のルールブック」の作成) 労務管理研修会の実施 職場の規律を守る「就業規則」に改定する

 

最終的には、従業員がこの会社/事業所で 「働きたい」「安心して働いていける」と感じる ことができる職場につなげていくことが重要

 

【 従業員側 】

□ 従業員のわがまま □ 職場のルールやビジネスマナーを理解していない □ 自らの行動が問題であるとは思っていない、またそのような教育を受けていない □ 問題だとは認識していても、その程度であれば許されると思っている □ 周囲の同僚にも問題行動が見られるので構わないと考えている

【 会社(事業主)側、管理職側 】 □ 問題行動が見られても管理職が注意や指導をしていない □ そもそも管理職がどのように注意指導すればよいか分かっていない □ 管理職が部下に対し注意・指導を行うとき、会社のフォローやバックアップがない □ 服務規律は当たり前のことでわざわざ教える必要がないと考えている □ 従業員として守るべきルールを会社が示していない □ 問題行動が見られても会社として懲戒処分をしていない、放置している

会社側の態度にも問題があり、そうした従業員が自主的に規律を正すと言う事はあまりないので規律を正す仕組み作りを考えよう

名何経営センターグループHPより