中小企業が人材採用で勝っていくにはアピールすべきポイントを探すことが重要でしょう

強みをアピールすることで応募も自社にピッタリじゃないかと感じる人材が増えることが見込まれます。

ではどんな点をアピールすべきなのでしょうか。

数値で表せるもの

これは判断基準が明確でわかりやすく簡単です。

業界シェアNo.1

販売数や売上高がNo.1

〇年連続で増収、増益

支店、営業所の拠点数が全国〇カ所

平均勤続年数〇年

女性の管理職割合が〇%

年次有給休暇取得率が毎年100%

特許取得件数〇件

平均年収〇万円/〇歳(家族何人で入社何年目等もいい材料となる)

数値で表すと明確に会社の良さを表すことができますね。安定感や働く環境の良さをアピールできます。そうすることでその数値の実績を良いと思った人材が応募してきます。

すぐには難しい実績もありますが有給取得率等は改善していくことでアピールポイントにつなげられるでしょう。

キャリア形成をバックアップするもの

最近の若者はやりがいや自己の成長を以前と比べて重視しやすいといわれています。キャリアアップを図れるものがあれば積極的にアピールずるとよいでしょう。

充実した教育訓練制度

選択型の研修制度・・・毎月定額な費用、好きな研修を選べる等

資格取得、自己啓発支援制度

海外視察、留学、派遣制度

兼業(副業)の奨励

新規プロジェクトの提案

独立支援、のれん分け制度

働きやすい環境の提供

特にITや映像産業関係ではどの会社で働くか、からどこで誰とどのように働くかに求職者の意識が変わってきている傾向があります。働きやすい環境の提供はそうした最先端の技術を持った人々を引き付けるためには必要な要素でしょう。

服装自由(最低限の基準有)

社員の平均年齢が30代前半の若い会社

短時間正社員制度

出戻り社員制度

会社の所在地が駅に近いなどの好立地や都会の喧騒から離れてのびのびと働ける田舎等の何か強みのある立地

新築のインテリジェントビル

社内食堂、売店などがある

保育所や休憩所が設置してある

社内は全面禁煙あるいは分煙

職業生活を充実させるもの

社内クラブ活動

リラクゼーションサービス(出張整体)

リフレッシュ休暇

私生活を向上させるもの

従業員持ち株会

出産祝い金支給制度

社員割引制度

家賃補助

モチベーションをアップさせるもの

従業員表彰制度

社内ビジネスコンテスト

業務改善に対する報奨金支給

社員旅行

役員とランチ会(表彰制度と似ている、定期開催)

360度評価(多面評価)部下が上司を評価

売上、受注額、利益の〇%を還元する制度

社内バーの設置

グループ対抗社内運動会(時間、労力はかかる)

会社の実績をアピールするもの

マスコミの取材歴多数(○○オブザイヤー)

表彰機関による受賞歴(○○大臣賞)

魅力的な社内人材によりアピールするもの

社外コンテストでの受賞歴

世の中に役立つ○○という製品・サービスを発明

海外を飛び回り、巨大プロジェクトに参画

有名(カリスマ)経営者

その他

仕事内容が具体的にイメージできるような「先輩の1日」や「先輩社員の声」を複数掲載する。(2~3人こんな風にトラブルがあったけどこうやって解決した。)

文章だけの羅列だけでなく、写真や表、図などを掲載スペースの制限のない自社ホームページには可能な限り盛り込むこと

仕事の厳しさや労働条件等について、美化せず正直に伝えること

残業なし、残業代はきっちり支払っている

固定残業代制度は採用していない

テレワーク推進

新卒、中途採用から通年採用

インターンシップ(就業体験)の積極的受け入れ

 

上に出したものは一例です。なにか求職者にアピールできることは見つかりましたか?求職者目線でこの企業に応募したいと思わせるようなアピールを心がけて求人を出してみてください。