令和元年12月に令和元年度の補正予算案が閣議決定されました。中小企業庁より地域・中小企業・小規模事業者関連の予算案が公表されました。中小企業が抱える「経営者の高齢化」「人手不足」と今後も慢性的に抱える課題を重視した取り組みになっています。更には働き方改革や社会保険適用拡大、インボイス導入など相次ぐ変更への対応も考慮しています。

事業承継・再編・創業等で新陳代謝の促進

事業承継を契機とした生産性向上や経営資源引き継ぎ型の創業、事業承継時の一部廃業を支援に盛り込んでいます。また、事業承継時に経営者保証を不要とする新たな信用保証メニューの創設や、専門家の確認を受けた場合に保証料を減少させる支援もあります。

生産性向上・デジタル化

働き方改革やインボイスなど法制度変更への対応による後手になりがちな生産性向上施策を継続的に支援します。毎年恒例となったものづくり補助金やIT補助金、小規模事業者持続化補助金を一体運用する内容です。また、AI導入を支援する多面人材の育成や普及も行います。予算額が令和元年補正3,610億円となっていますが、単年ではなく複数年にわたる予算と考えられます。

地域の稼ぐ力の強化・インバウンド拡大

地域経済を発展させる企業を重点的に支援し、イノベーションによる新事業展開を促進します。大企業の中堅人材による地方での起業や中小企業への就職を後押しし、生産性向上を図ります。地域や社会課題を解決するビジネスモデルや地域における創業も支援します。

経営の下支えや事業環境の整備その他

マル経融資を含む日本政策金融公庫による政策金融として205億円もあります。昨年日本を襲った台風被害からの復旧・復興や強靭化対策として令和元年度の補正として375億円の予算があります。

毎年3月ころから動き始めます。中小企業庁などのホームページで募集の発表がありますので、情報収集には注意しておきましょう。

************************************

令和元年度補正予算案のポイント
1.今回の補正予算案(経産省関係)は、東日本大震災対応を除いて過去10年間で最大規模の9,135億円。

2.「柱Ⅰ.災害からの復旧・復興と安全安心の確保」  台風第19号対応等に係る予備費に引き続き、グループ補助金や自治体連携型補助金等を切れ目なく措置。  電力・燃料の安定供給確保のため、自家発電設備や電動車等 の導入、住民拠点SSの整備等を支援。

3.「柱Ⅱ.経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への支援」  中小機構において、中小企業の生産性向上を複数年にわたって継続的に支援する「生産性革命推進事業」(仮称)を創設。 中小企業の制度変更への対応や生産性向上の取組状況に応じ、設備投資、IT導入、販路開拓等の支援を一体的かつ機動的に 実施。

4.「柱Ⅲ.未来への投資と今後を見据えた経済活力の維持・向上」  65歳以上を対象に、自動ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置を装備するサポカーの購入等を補助。

 「大容量」に加えて、「超低遅延」「多数同時接続」を実現するポスト5Gについて、①情報通信システム開発、②先端半導体製造技術の開発支援を基金方式で措置。

 キャッシュレス・ポイント還元事業の年度内に必要な予算を措置。 商店街等における需要取込活動を支援。

 温室効果ガス排出量を抜本的に削減するため、①ゼロエミッション国際共同研究拠点の整備、②革新的環境イノベーションに資する事業等を支援。

https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2020/pdf/chushokigyo.pdf