労働者募集に際しての注意点

人材募集に関して有効求人倍率は1、21倍と求人が活発な状況にありますが、労働者の募集に際して注意をする点について考えてみたいと思います。

法的に規則で規制されている事項は主に3つあります。

①年齢について・・

募集に関しては原則として年齢制限を設けてはならない事になっています。

例外として、定年年齢を上限としてその年齢未満の労働者を期間の定めのない労働契約の対象として募集する場合、例えば若年者等のキャリア形成を図る為、期間の定めのない労働契約の対象者として募集する時や技能、ノウハウを継承する観点から特定の職種において年齢層の人数の偏りを是正する為、特定の年齢層を期間の定めのない労働契約の対象として募集する時等です。

年齢制限の上限を設ける場合にはその理由を書面により提示する事で若年層の募集も実施できるようになります。

②性別について・・

男性のみの募集、女性のみの募集は男女雇用機会均等法で原則禁止されており例外としてはエステシャンの様な風紀上、男性か女性に限定するものやホスト、ホステス等業務の性質上どちらか一方の性に従事する事が必要であったり、守衛、警備員等防犯上男性のみに限定する者等があります。

③求人広告の内容・・

職業安定法では求職者に誤解を与えるような虚偽の広告や虚偽の条件を提示して労働者募集を行うと罰金による罰則があります。

又、職業の紹介にあたっては労働条件を求職者に明示する事が求められます。

具体的に従事すべき業務内容、労働契約の期間、就業場所、労働時間、賃金等の明示が義務付けられています。

平成28年4月にハローワークに出す求人に固定残業代の表示の仕方に対しての指針がありました。

固定残業代(定額残業代とも言う)とは「一定の時間分の時間外労働や休日労働、深夜労働等を定額で支給する割増賃金」制度の採用をしている企業の求人はその労働時間数や金額の計算方法、固定残業代を除いた基本給の表示、固定残業代を超えた時間数の割増賃金の追加支払い等を明示しなければならないとされました。

*****************************************

 

(求人者の方へ)

 

求人申込書(フルタイム・パートタイム)記入上の留意点

 

14欄 賃金欄 「固定残業代等の表示について」

 

固定残業代(名称によらず、一定時間分の時間外労働、休日 労働及び深夜労働に対して定額で支払われる割増賃金)制を採用する場合は、固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算 方法、固定残業代を除外した基本給の額、固定残業時間を超える時間外労働、休日労働及び深夜労働分についての割増賃金を 追加で支払うことなどを明示することが必要です

 

「a 基本給(月額平均)又は時間額」欄

 

基本給には固定残業代など、各種手当は含めないでください

 

「b 定額的に支払われる手当」欄

 

固定残業代が、時間外労働の有無にかかわらず固定的に支給される ものであること、超過分が法定どおり追加で支給されることを明記す ることを条件に、固定残業代等を「b 定額的に支払われる手当」欄 に記入することができます。 なお、他の「定額的に支払われる手当」に固定残業代が含まれる場 合は、固定残業代分の金額を分けて記載してください。

 

 

「c その他の手当等付記事項」欄

 

b欄に固定残業代手当と記載した場合には、「c その他の手当等 付記事項」欄に、「時間外手当は時間外労働の有無にかかわらず、固 定残業代として支給し、○時間を超える時間外労働分は法定どおり追 加で支給」(記入例)などと記載してください。

 

平成28年4月公表

ハローワークインターネットサビスより