介護保険2種類の被保険者

介護保険の被保険者は第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

第1号被保険者は市区町村に居住する65歳以上の人であり、第2号被保険者は市区町村に居住しかつ医療保険制度に加入している40歳以上65歳未満の人です。普通、会社員は2号被保険者に該当します。市区町村に居住している事が前提ですので住民票を除票して国外に居住している場合は介護保険制度の対象にはなりません。

第2号被保険者の介護保険料

医療保険(健康保険)に加入している2号被保険者の介護保険料は会社から支払われる報酬から健康保険料と共に天引きされます。また、国民健康保険の加入者は国民健康保険料と共に納付書で払うか口座振替で支払います。

第2号被保険者で給与所得者の給与天引きはいつから控除されるのでしょうか?満40歳に達した月から控除されますが介護保険料は健康保険料の天引きの規則と同じなので「当月支払いの報酬から控除できる社会保険料は前月分」のルールに基づき誕生月の翌月に支払われる報酬から天引きされます。

又、賞与では支払われた月に40歳になった月と同じ場合は誕生日前でも介護保険は徴収されます。一方、退職日と40歳誕生月が

同じ月の場合は月途中の退社であれば退職日が誕生日後でも保険料は徴収しません。

さらに65歳になった時には第1号被保険者になるので介護保険料は徴収せず年金からの特別徴収になります。

被扶養者の妻が40歳になったら

健康保険の被扶養者が40歳になっても被保険者から被扶養者分の介護保険料は徴収しません。健康保険組合で特定被保険者制度を採用している組合は被扶養者が40歳になった時は被保険者から介護保険料を徴収します。国民健康保険は被扶養者という概念でない為同居家族が40歳になれば各々の分が徴収されます。

受けられる介護サービス

第2号被保険者は指定されている特定疾病が原因で介護状態になったら認定後介護サービスを受ける事ができます。第1号被保険者は理由は問われず介護状態になったら認定後介護サービスを受けられます。

 

******************************

介護保険の被保険者に該当するのは、

40歳以上の人すべてが介護保険の被保険者となります。

1.第1号被保険者(65歳以上の人)

65歳になると介護保険被保険者証が郵送で届きます。原因を問わず、介護が必要であると認定されれば、利用できます。

2.第2号被保険者(40~64歳で医療保険に加入している人)

40歳になると、医療保険料と一緒に介護保険料を納めるようになりますが、介護保険の被保険者証は手元に届きません。特定疾が必要になったと認められた場合のみ、介護保険を利用することができます。

【第2号被保険者でも介護保険の対象となる特定疾病】・末期がん
・脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・パーキンソン病関連疾患・脊椎小脳変性症
・多系統萎縮症(シャイ・ドーレガー症候群)
・糖尿病性腎症・網膜症・神経障害
・閉塞性動脈硬化症・慢性関節リウマチ
・後縦靭帯骨化症・脊柱管狭窄症
・骨粗鬆症による骨折
・早老症(ウェルナー症候群)
・初老期における認知症アルツハイマー等

・慢性閉塞性肺疾患 肺気腫,気管支喘息

・両側の膝関節や股関節に著しい変形を伴う変形性関節症