就業規則って何でしょう?知っていますか?

就業規則って知っていますか。簡単に言ってしまうと会社の働き方のルールを定めているものです。

サッカーに例えるとサッカーの試合が会社運営をすることでサッカーのルールが就業規則といえるでしょう。

会社の社員が10人以上になったら就業規則を作成し役所に届けでなければなりません。

しかし10人未満だから作らなくていいかというとそうではありません。人を雇ったときはそこから共通のルール作りが必要になるのです。

そういうわけで10人未満でも会社のルールをしっかり社員に浸透させるために、就業規則を用意している会社も多くあります。

サッカーを教えるにもルールを理解してもらわないとボールを手で持ってしまったりなんてことが起こってしまいますよね。

そういうことが起こらないようにルールを共通にしておかなければなりません。

会社は法律が改正されたときや、通達が出されたり、裁判の判例により法解釈が変わったり、その他景気動向など取り巻く環境の変化にあわせて会社のルールである就業規則も、会社のめざす方針や施策・法改正、解釈の変更に合わせて変えていかなくてはなりません。

また就業規則を賢く活用すると、守らなければならない規則だけではなく会社の考え方・事業の方針や、会社として積極的取り組んで欲しい事などが、社員にしっかり伝わり浸透していく側面もあります。

インターネットで誰でも法律や判例を調べたり、質問することができる時代です。法律にあわせて自社で運用していかないと、社員から訴えられるときもありうる時代になっていると言えます。

配布されている雛形を利用してひとまず用意しておく、過去に作成したものや今あるもので取りあえず用意して届け出をしておくことでは会社にリスクを抱えます。

会社に合っているルールを定めて働いている社員も納得できる就業規則を備えておくことが、会社の発展の一助となるでしょう。