医療費控除になるかならないか

確定申告での申告件数が多い医療費控除ですが、「これって医療費控除になるのかな?」と疑問を持つようなものについては、国税庁のWebサイトで、ケースごとに紹介しています。ちょっと見てみましょう。

入院に伴う費用の医療費控除

入院に際し寝巻や洗面具等の身の回り品の購入は、医療費控除の対象にはなりません。また、医師に対するお礼や、本人や家族の都合だけで個室に入院した時の差額ベッド料金も医療費控除の対象になりません。

付添人を頼んだ時の付添料は、療養上の世話を受けるための費用として医療費控除の対象となりますが、所定料金ではない心付けや、親族へのお礼の支払いは医療費控除にはなりません。

入院中に病院で出される食事は入院代に含まれるので医療費控除の対象になりますが、例えば糖尿病の自宅療養で、食事療法のために購入する食品代は医療費控除の対象になりません。

 

出産に伴う費用の医療費控除

妊娠と判断されてからの定期検診や検査などの費用、または通院費用は医療費控除の対象となります。通院費用については領収書がないものが多いでしょうが、メモ書き等で記録しておいて、かかった費用が明確に説明できる状態ならば医療費控除の対象となります。

出産で入院する際に、公共交通機関を使うことが困難で、タクシーを利用した場合は、医療費控除の対象となります。ただし、実家で出産するために帰省する交通費は、医療費控除の対象になりません。

ただし書きの裏側に論争あり?

「ただし、●●の場合はよし・ダメ」という記載が多いのは、過去に納税者と当局の間で論争があったためかもしれません。

親族へのお礼、糖尿病の自宅療養、里帰り出産等は、いずれも国税不服審判所や裁判で争われた内容となっています。

適用の可否などを含めて見てみると、医療費控除はなかなか奥深いものに感じられますね。

*******************************************

国税庁タックスアンサー No.1126 医療費控除の対象となる入院費用の具体例


https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1126.htm

2 入院に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断

(1) 入院に際し寝巻きや洗面具などの身の回り品を購入することがありますが、これは医療費控除の対象になりません。

(2) 医師や看護師に対するお礼は、診療などの対価ではありませんから医療費控除の対象になりません。

(3) 本人や家族の都合だけで個室に入院したときなどの差額ベッドの料金は、医療費控除の対象になりません。

(4) 付添人を頼んだときの付添料は、療養上の世話を受けるための費用として医療費控除の対象となります。所定の料金以外の心付けなどは除かれます。また、親族などに付添料の名目でお金を支払っても控除の対象になりません。

(5) 入院中は病院で支給される食事を摂ることになります。これは、入院代に含まれますので医療費控除の対象になります。しかし、他から出前を取ったり外食したものは、控除の対象にはなりません。

 

国税庁タックスアンサー No.1124 医療費控除の対象となる出産費用の具体例

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1124.htm

2 出産に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断

(1) 妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用、また、通院費用は医療費控除の対象になります。

(注)通院費用については領収書のないものが多いのですが、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておいてください。

(2) 出産で入院する際に、電車、バスなどの通常の交通手段によることが困難なため、タクシーを利用した場合、そのタクシー代は医療費控除の対象となります。

(注)実家で出産するために実家に帰省する交通費は医療費控除の対象にはなりません。

(3) 入院に際し、寝巻きや洗面具など身の回り品を購入した費用は医療費控除の対象になりません。

(4) 病院に対して支払う入院中の食事代は、入院費用の一部として支払われるものですので、一般的には医療費控除の対象になります。しかし、他から出前を取ったり外食したりしたものは、控除の対象にはなりません。

 

国税不服審判所 公表裁決事例要旨 医療費控除

http://www.kfs.go.jp/service/MP/02/0702000000.html

過去に裁決されたものが閲覧可能。

 

過去のdailyコラム2009.11.16「支払事実による医療費控除」

http://www.m-m-i-g.com/dailycolumn/backno/bakup2/20091116.pdf

※閲覧にはID・パスワードが必要です。わからない場合はdailyコラム事務局にご連絡ください。