平成28年10月からパートタイマーの適用が広がる

これまでは一般的に週30時間以上働く方が厚生年金保険・健康保険の加入対象者でしたが10月からは週20時間以上働く方も加入対象者となります。

但し、対象事業所は従業員501人以上の会社に働く人です。新たに25万人が対象になると見込まれています。

この条件に当てはまる人は年収130万円未満でも勤務先で社保に加入する事になります。(中小企業への適用拡大は3年先に検討される事となっています。)

短時間労働者の要件

加入の対象となる短時間労働者とは下記のような方を言います。勤務時間、勤務日数が常用労働者の4分の3未満の方で次の①から④の全てに該当する方です。

①週の所定労働時間が20時間以上であること・・週の所定労働時間とは就業規則や雇用契約書によりその者が通常の週に勤務すべき時間を言います。

所定労働時間が決まっていない時は1ヶ月で定められていれば1ヶ月の所定労働時間を12分の52で除します。1年単位で定められている場合は1年の労働時間52で除して算定します。

②雇用期間が1年以上見込まれること。

期間の定めのない方、雇用期間1年以上の方、雇用期間は1年未満でも契約更新される可能性が明示されていること、雇用契約により1年以上雇用された実績がある場合

③賃金の月額が8.8万円以上であること

週給、日給、時給を月に換算して手当などを含めた所定内賃金の額が月8,8万円以上であり、臨時に払われる賃金や時間外手当は含まれません。但し資格取得届提出の際は残業見込賃金等も含めて届出をします。

④学生でないこと・・高校、大学、専修学校等の在学者は除きますが、卒業見込みがあり、卒業前から勤務し、卒業後も引き続き勤務予定の場合は対象者となります。

高校や大学の夜間部の学生は対象者になります。

厚生年金の下限拡大

厚生年金保険の下限に新たに1つ等級が設けられました。これは全事業所が対象ですので中小企業でもこの等級該当者がいるかもしれません。

*********************************************

平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象者が広がります。

(社会保険の適用拡大)

 

何が変わるのですか? 
現在は、一般的に週30時間以上働く方が厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入の対象です。それが、平成2810月からは従業員501人以上の企業で、週20時間以上働く方などにも対象が広がり、より多くの方が、これまでより厚い保障を受けることができます。

 

社会保険に加入するメリット

厚生年金保険・健康保険(社会保険)に加入すると、以下のようなメリットがあります。

(1) 将来もらえる年金が増えます
全国民共通の基礎年金に加えて、報酬比例の年金(厚生年金)が終身でもらえます。
例えば月収88,000 円の方の場合 、毎月8,000 円(年額96,000 円)の保険料で、 40 年間加入した場合では毎月19,000 円 (年額228,000 円)の年金がもらえ、 1年間だけ加入した場合でも毎月500 円(年額6,000 円)の年金が終身でもらえます (モデルケース参照) 。

 

(2) 障害がある状態になった場合なども、より多くの年金がもらえます
  厚生年金保険に加入中に万一、障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難になった場合、「障害厚生年金」が支給されます。障害厚生年金には、月額約49,000 円の最低保障額が設けられています。また、障害基礎年金は、障害等級1級または2級の場合に支給されますが、障害厚生年金は、障害等級3級の場合も支給されます。
また、万一お亡くなりになった場合は、ご遺族の方に「遺族厚生年金」が支給されます。遺族基礎年金は 18 歳未満の子がいない場合は配偶者に支給されませんが、遺族厚生年金は 18 歳未満の子がいない場合も配偶者に支給されます。
3) 医療保険(健康保険)の給付も充実します
医療給付の内容は、各医療保険制度共通で、基本的に本人・家族で差はありませんが、一部の現金給付(傷病手当金、出産手当金)について、差があります。賃金に応じた毎月の保険料で、ケガや出産によって仕事を休まなければならない場合に、賃金の3分の2程度の給付を受け取ることができます(モデルケース参照)。

(4)  会社もあなたのために保険料を支払います。また、現在ご自身で国民年金保険料・国民健康保険料を支払っている方は、今より保険料が安くなることがあります
   会社もあなたのために同じ額の保険料を支払います。つまり、厚生年金では自身が支払った保険料の2倍の額が支払われていることになり、それが給付につながります。
また、現在ご自身で国民年金保険料・国民健康保険料を支払っている方(第1号被保険者の方)は、賃金の額によって自身が支払う保険料が安くなることがあります。

 

厚生労働省HPより