今までとこれからの計算方法

平成28年4月から健康保険の傷病手当金と出産手当金の支給額の計算方法が変更されました。支給開始される前1年間の給与を基に計算した金額で支給されます。今までの支給額の計算の方法は1日あたりの金額(休んだ日の標準報酬月額)÷30×3分の2      これからの計算方法は

1日当たりの金額(支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額)÷30×3分の2

支給開始日が12カ月に満たない場合

①支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均値

②28万円(当該年度の前年度の9月30日における前被保険者の同月の標準報酬を平均した額)

①と②を比べて少ない方の額を使用して計算します。

支給開始日以前に12カ月の標準報酬月額がある場合

支給開始日以前の12ヶ月の各月の標準報酬を合算して平均額を算出します。

1年間に標準報酬が変更されている場合

例えば1年に標準報酬月額が26万円の月が2ヶ月、30万円が10ヶ月であったとします。

(26万円×2+30×10)÷12÷30×3分の2=

6520円となります。

※30日で割った後1の位を四捨五入

※3分の2で計算した金額に小数点があれば小数点第1位を四捨五入します。

傷病・出産手当金が受ける要件

①傷病手当金は業務外の傷病について給付

イ、病気やけがの療養で働く事ができない

ロ、連続する3日(待機期間)を含め4日以上仕事を休んでいる事

ハ、給与の支払いが無いか、支払額が傷病手当金より少ない事

②出産手当金

イ、被保険者が出産した事(被扶養者は対象外)

ロ、妊娠4カ月(85日)以上の出産である

ハ、出産の為仕事を休み給与の支払いが無いか、その額が出産手当金より少ない事

***************************************

今年度より変更となる傷病手当金と出産手当金の日額計算方法

傷病手当金は、病気(私傷病)で休業する際に、被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。そのため、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に1日につき被保険者の標準報酬日額の3分の2に相当する額(1円未満四捨五入)が支給されることになっていました。この支給額については、傷病等で休業する際の標準報酬月額により決定されますが、休業直前に労使双方で合意して、賃金を引上げるなどの方法により、一時的に標準報酬月額も引上げて、傷病手当金として支給される額を多くするといった実態が一部であったようです。

 

平成28年度から傷病手当金および出産手当金の額は、1日につき以下のとおりとなります。
支給を始める日(以下「支給開始日」という)の属する月以前の直近の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額。
標準報酬月額が定められている月が12ヶ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか少ない額の3分の2に相当する額
より実態に近い支給額になるのかも知れませんが、支給額の計算や休む被保険者への説明は手間のかかるものになりそうです。

 

労務ドットコム 人事労務管理情報より