資格期間10年で年金受給できる

今まで老齢年金を受給できる年金受給資格期間は原則25年以上が必要でしたが平成29年8月より10年以上となりました。資格期間が25年未満で年金受給できなかった方も加入が10年以上あれば受け取れるようになりました。受給資格期間には保険料を納めた期間の他、加入していたとみなされる期間も含めて合算されます。

①国民年金保険料を納めた期間や免除期間

②サラリーマンで船員保険を含む厚生年金保険や共済組合の加入期間

③年金制度に加入していなくとも資格期間に加えられる合算対象期間(カラ期間)

これらの期間を合計したものが「資格期間」です。資格期間が10年(120月)以上あれば年金が受け取れるようになりましたが、         年金の額は40年間保険料を納めた場合が満額で保険料を納めた期間に応じて支給されます。

対象となる方の手続き

期間が足りなかった方で資格期間が10年以上25年未満の方には日本年金機構より年金請求書が生年月日毎に平成29年の初めより既に下記のように送付されています。

①2月下旬~3月下旬

大正15年4月2日~昭和17年4月1日生②3月下旬~4月下旬

昭和17年4月2日~昭和23年4月1日生

③4月下旬~5月下旬

昭和23年4月2日~昭和26年7月1日生

④5月下旬~6月下旬

昭和26年7月2日~

昭和30年10月1日生まれの女性及び

昭和30年8月1日生まれの男性

⑤6月下旬~7月下旬

昭和30年10月2日~昭和32年8月1日生の女性及び大正15年4月1日以前生

該当する方は手続を忘れずに

現段階で資格期間10年以上25年未満のほぼ全員に送付されているはずですので確実に年金請求書を提出したいものです。8月分(10月に支給)より受給できます。尚、加入期間10年未満の方にも年内にはお知らせが届く予定です。

****************************************

必要な資格期間が25年から10年に短縮されます

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。
平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

 

1.平成29年8月1日時点で、資格期間が10年以上25年未満の方

(1)年金請求書の送付

資格期間が10年以上25年未満であって、下記の表に該当する方
基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所及び年金加入記録をあらかじめ印字した「年金請求書(短縮用)(PDF 1,248KB)」及び年金の請求手続きのご案内を日本年金機構からご本人あてに送付します。
請求手続きは平成29年8月1日以前でも可能です。「年金請求書(短縮用)」が届きましたら、年金事務所等でお手続きをしてください。
※すべての加入期間が国民年金第1号被保険者期間の方は、市区町村でお手続きをしてください。

日本年金機構HPより