求職者により詳しい求人情報を提供できる

2020年1月よりハローワークのシステム刷新でハローワーク求人票に入れられる情報が増加しました。情報量が増えA4片面から両面に代わり、求職者に対して求人情報をより詳細に伝えることができます。事業所の画像情報や「事業所からのメッセージ」などのPR情報も提供できます。

求人申し込みも次の3通りの方法から選んで申し込みができるようになりました。

  • 求人マイページの開設をし、事業所のパソコンから求人情報を入力、仮登録後に窓口で本登録を行います。すでに登録してある事業所は再登録の必要はありませんが内容確認や追加項目情報は窓口で登録します。
  • ハローワーク内のパソコン((検索、登録用端末)で求人情報を入力し窓口で手続きを行います。
  •  筆記式の求人申込書に記入、窓口で手続きを行います。

求人票の項目の変更

  • 新設する項目・・・正社員登用、受動喫煙対策、必要なPCスキル、固定残業代、36協定における特別条項。他に職務給制度、復職制度は求人票には記載されないがハローワークインターネットサービスに掲載されます。
  • 登録方法の変更・・・地図、最寄り駅、学歴、必要な免許・資格、PRロゴマーク他
  • 登録可能文字数の増加・・・仕事の内容、求人に関する特記事項他

新設項目を個別にみてみると

正社員登用では正社員以外の人を募集する場合は正社員登用する制度の有無を記載の上過去3年の実績も載せます。

屋内の受動喫煙対策では健康増進法の改正で受動喫煙防止措置義務が課され求人票にでも受動喫煙対策の明示が求められます。

必要なPCスキルでは使用するアプリケーションや作業内容などを記載します。

固定残業代を採用しているときは時間外労働時間にかかわらず支給され超過の際は法定で支払う旨特記事項に記載します。

36協定の特別条項を締結しているときは

特別な事情や延長時間等を記載します。

今まで特記事項などに載せていた情報が別枠になったイメージですね。

******************************************

2020年1月6日からハローワークの利用方法が変わります

労働条件やPR情報など求人情報が充実します

2020年1月6日に、ハローワークのシステムとハローワークインターネットサービス

が新しくなります。

ポイント① 新しい求人票で、求人情報がより充実します

ポイント② 新サービス「求職者マイページ」で、お仕事探しがより便利になります

○ 求人票の様式が変わり、労働条件やPR情報など求人情報がより詳細になります。

○ ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからインターネットを通じて、ハローワーク内に

設置されたパソコン(検索・登録用端末)と同じ情報を見ることができるようになります。

○ ハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)の操作方法が、タッチパネル式からマウ

ス・キーボード式に変わり、フリーワード検索などさまざまな条件で検索できるようになります。

○ 公的職業訓練(ハロートレーニング)なども検索できるようになります。

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000552267.pdf