ウイルス問題で短期滞在ビザの更新措置

中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、封鎖状態にある武漢周辺に帰国できない複数の中国人観光客に対し、出入国在留管理庁が短期滞在ビザの更新を認めたとの報道がありました。

そもそも短期滞在ビザとは

私たちが自分の国籍以外の国を1日でも訪問する場合、原則的に「査証(ビザ)」と呼ばれる入国証明のようなものを事前に取得し、空港等で入国の手続きを行う必要があります(いわゆる「ビザ免除国・地域」からの短期滞在を除く)。

ビザは入国手続きに使用する書類の一部ではありますが、その重要性から滞在許可や在留資格そのものを指す言葉としても使われており、一般的に、短期滞在の在留資格を「短期滞在ビザ」と呼んだり、就労できる在留資格を「就労ビザ」と呼んだりしています。

外国人観光客はこの「短期滞在ビザ」で日本に滞在しているわけですが、許可される滞在日数は原則90日以内であり、許可された日数を超えてしてしまうと、オーバーステイ(不法滞在)状態になります。

短期滞在ビザの延長はできる?

短期滞在ビザは、原則として延長(更新)できません。

例外として、滞在中に不慮の事故に遭ったり、病気により入院した等の「人道上の真にやむをえない事情」や、これに相当する「特別の事情」があると認められる、非常に限定的な場合のみ、更新される場合があります。

今回の措置は、中国人観光客の帰国先が封鎖状態であり帰国が困難であることから、「特別の事情」があり、かつ「合理的な理由がある」と認められたことになりますが、極めて異例の対応と言えます。

短期滞在ビザの更新はそもそも例外的な措置であるため、申請に必要な書類は個別のケースで異なります。

万が一、短期滞在ビザの期間を更新しなければならない事態が発生した場合は、速やかに最寄りの出入国在留管理局の窓口で相談することが重要です。

インフォメーションセンター・ワンストップ型相談センター

出入国在留管理庁外国人在留総合インフォメーションセンターは下記の番号になります。

TEL 0570-013904
(IP, PHS, 海外:03-5796-7112)

平日 午前8:30~午後5:15

*********************

外国人在留総合インフォメーションセンター仙台

〒983-0842
宮城県仙台市宮城野区五輪1-3-20

*********************

外国人在留総合インフォメーションセンター東京

〒108-8255
東京都港区港南5-5-30

*********************

外国人在留総合インフォメーションセンター横浜

〒236-0002
神奈川県横浜市金沢区鳥浜町10-7
名古屋

**********************

外国人在留総合インフォメーションセンター名古屋

〒455-8601
愛知県名古屋市港区正保町5-18

**********************

外国人在留総合インフォメーションセンター大阪

〒559-0034
大阪府大阪市住之江区南港北1-29-53

**********************
外国人在留総合インフォメーションセンター神戸

〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通29
**********************

外国人在留総合インフォメーションセンター広島

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀2-31
**********************

外国人在留総合インフォメーションセンター福岡

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴3-5-25

**********************************

************************************

新型肺炎で帰国困難な中国人観光客に短期ビザ更新認める 入管が特別措置


中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、封鎖状態にある武漢周辺に帰国できない複数の中国人観光客に、出入国在留管理庁が訪日に必要な短期滞在ビザの更新を認めていることが29日、分かった。現地事情が落ち着くまでの特別措置で、同庁は「柔軟に対応する」としている。
(2020年1月29日産経新聞)

短期滞在ビザは特段の事情がない限りは更新が難しいが、入管は平成21年にも、新型インフルエンザが流行した際も同様の対応を実施。今回についても、同庁関係者は「ウイルスの流行が原因での更新対応は極めて異例」と話す。

中国人の短期滞在ビザは15、30、90日の3種類。現在も日本に滞在する湖北省の中国人は、15日ビザで入国し、中国政府が団体の海外旅行を禁止する前に来日したケースが多いとみられる。

関係者によると、27日には大阪入管が、湖北省からの中国人数人に対し、短期滞在ビザの在留期間を30日間更新。15日有効のビザで入国したが、空港などが閉鎖される武漢に期限内に戻ることが困難と判断したとみられる。

同庁によると、こうした武漢周辺の中国人の更新申請は28日以降、急増。担当者は「帰国が困難との合理的理由があれば、柔軟に対応していく」と説明する。

ただ、武漢の封鎖がいつ終了するかは不透明だ。ウイルス感染後の潜伏期間は最長2週間とされ、ビザ更新を認めた中国人の中に感染者がいる可能性もある。保健所などは、症状があれば自主申告するよう促してはいるが、防疫面での懸念も浮上する。

元法務省入国管理局長で日本大教授の高宅茂氏は「ビザ更新は妥当な措置だが、封鎖が長期化する場合は外交的な対応が必要。外交と検疫、出入国の担当省庁が協議し、感染を広げない対応が重要だ」と指摘した。

参考:「短期滞在」の更新について(法務省ホームページより抜粋)

http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_KOSHIN/zairyu_koshin10_17.html

外国人の方が、人道上の真にやむをえない事情等により、「短期滞在」の在留資格に係る活動を引き続き希望する場合は、以下の提出書類が必要になります。

※在留資格「短期滞在」に係る在留期間の更新は、原則として、人道上の真にやむをえない事情又はこれに相当する特別な事情がある場合に認められるものであり、例えば、病気治療をする必要がある場合などがこれに当たります。

1 在留期間更新許可申請書

2 パスポート 提示

3 「短期滞在」の在留資格に係る活動を引き続き必要とする理由を明らかにする資料

※例えば、病気治療を理由とする場合、診断書を提出願います。

4 日本に入国してから現在までの活動を説明する資料(書式自由、具体的に記載願います。)

5 滞在中の経費を支弁できることを証する資料及び出国のための手段又は経費を支弁できることを証する資料

※例えば、預金残高証明書や帰国用航空券を提出願います。