キャリアアップ助成金健康診断制度コースとは

助成金の中でも花形助成金といえば2019年度も継続だったキャリアアップ助成金正社員化コースです。

しかしキャリアアップ助成金の中でもほかのコースがあることはご存知ですか?今回はキャリアアップ助成金健康診断制度コースをご紹介します。

健康診断制度コースは期間を定めて働いている労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を新たに規定し、延べ4人以上実施すると38万円(条件を満たすと48万円)の助成金が支給されます。

どんな人が対象になるか?

雇用保険に加入する必要があるので期間の定めがある雇用契約を結んでいる人で、週20時間以上30時間未満の勤務時間の従業員です。

そのほかフルタイム勤務でも期間の定めのある雇用契約を結んでいて雇い入れてから1年未満の勤務期間の人も対象です。

1年以上雇用していると通常の定期健康診断を行う必要があるので助成金の対象外労働者になります。また事業主の3親等内の親族も対象外です。

イメージとしては事業主関係者でないパートの方に新たに定期健康診断を行ってあげると受給できることになります。

要件に対象者延べ4人に健康診断を行うとあるように一度に4人健康診断する必要はありません。

長丁場になりますが同じ人に4年かけて4回行っても良いですし2人に2年かけて健康診断を実施しても受給できます。

ただし雇用してから5年以上雇用契約更新を繰り返している人を対象とはしないほうが良いでしょう。無期雇用転換ルールが適応される場合は対象外と申請時に言われる可能性があります。

こんな時でも使えます

すでにパートの方に健康診断を行っている場合でも、この助成金は使えます。法定外の健康診断を行うことを就業規則に定めることが要件になるので、条文を入れていなければ使うことができるのです。

人を集めるのが大変な昨今ですがパートタイムの方にも健康診断をすることで病気を予防し、継続して働いてもらえるようになるとよいでしょう。

********************************************************

「健康診断制度コース」の事業主要件は、キャリアアップ計画に基づいて、次の(1)~(7)すべてを満たした法定外の健康診断制度を規定・実施することが必要です。

 

 

(1)有期契約労働者等を対象とする、各種健康診断制度を労働協約又は就業規則に規定した事業主

(2)雇用する有期契約労働者等延べ4人以上に実施した事業主

(3)規定した健康診断制度等を継続して運用している事業主

(4)実施した健康診断等の費用の全額負担する事業主

(5)実施した健康診断等の費用を半額以上負担する事業主

(6)健康診断制度を実施するにあたり、実施要件がある場合には、労働協約または就業規則に規定している事業主

(7)生産性を満たした場合の支給額の適用を受ける場合は、当該生産性要件を満たした事業主であること

 

① 支給対象事業主に雇用されている有期契約労働者等であること。

※ ただし、雇入時健康診断または定期健康診断の対象労働者は、次の(1)および(2)のいずれにも該当する場合、対

象になりません。

(1) 期間の定めのない労働契約により使用される者※1

※1 期間の定めのある労働契約により使用される者であって、当該契約期間が1年(労働安全衛生規則第45条において引用する同令第13条第1

項第2号に掲げる業務に従事する者にあっては6月)以上である者並びに契約更新により1年以上使用されることが予定されている者及び1年

以上引き続き使用されている者を含む

(2) その者の1週間の労働時間数が当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働

者の1週間の所定労働時間数の3/4以上の者

② 雇入時健康診断もしくは定期健康診断または人間ドックを受診する日に、当該対象適用事業所

において、雇用保険被保険者であること。

③ 健康診断制度を新たに設け実施した事業所の事業主または取締役の3親等以内の親族※2

以外の者であること。 ※2 配偶者、3親等以内の血族および姻族をいう

④ 支給申請日において離職※3していない者であること。

※3 本人の都合による離職及び天災その他やむを得ない理由のために事業の継続が困難となったこと又は本人の責めに帰すべき理由による解雇を除く

http://shibushi.kashoren.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/CareerUp_Joseikin_H30_02.pdf