求人を行うにも各求人媒体の特長を知っていることが大事です。

ハロワーク

ハローワークの求人窓口に直接行って、会社の登録と募集したい求人票を提出します。
一度出した求人の細かな修正は電話やFAXで行えますが、通常は会社の地域を管轄しているハローワークまで出掛ける必要があります。
すべて無料で費用がかからないことが最大のメリットです。労基法の最低基準を満たしていることや各種保険への加入など法律に沿った運営をしていないと求人を出せません。

学校、縁故

大学のキャリアセンターで求人を求めたり、専門学校へ求人のパイプを作ることになります。学校との関係を作っていく必要がありますが若い人を採用できるメリットがあります。他社と競合することが減るため採用の確実性が増すでしょう。

縁故は社員の方やその家族からの紹介で採用することになります。どんな人物なのかわかっている上での紹介なので定着率はよくなることが見込まれます。紹介してもらえる会社の環境づくりが必要になります。

求人広告(チラシ、求人ペーパー、インターネットサービス)

求人広告の担当者が来てくれたり、求人内容を提案してくれることやインターネットにも求人広告を出せる手軽さもあります。

無料でインターネット求人を出せるIndeedやエンジャパンがサービスを行っているEngageなども最近注目されています。

正社員、パート、アルバイト、の雇用形態であったり、ターゲットの年齢によって各求人広告にはそれぞれ特徴があり、適切な媒体を選択する必要があります。また求人件数も非常に多いため、他社と条件面で比べられたり、求職者に見つけてもらうためにはかなり費用がかかるケースもあります。

代理店によって掲載の形態が違ったり(応募課金、掲載課金など)担当者によっても応募率が異なるため、成果が出るまでに費用と時間が必要になるかもしれません。

自社サイト等

会社自身で管理している場合は簡単に情報を掲載できます。専門に作ってもらうとなると費用がかかります。さらにはサイトに掲載しただけでは求職者に見つけてもらいにくいため求人広告やハローワークと併用すると効果が高まるでしょう。自社ホームページ内で求人ページを持っていると求職者の印象はよくなるといわれています。

もし求人ページを増やすのに費用が掛かるようなら「ペライチ」等無料のページを作成できるインターネットサービスを利用してみるとよいでしょう。