今年8月に厚生労働省から「ハローワークにおける求人票の記載内容の実際の労働条件の相違にかかる件数」(平成28年度)が発表されましたが、これによると平成28年度における申出・苦情等の件数は9299件(前年度10937件)内容別では下記のようになっています。苦情の内訳は

1、賃金28%(前年度24%)

2、就業時間21%(同19%)

3、職種・仕事内容14%(同13%)

4、選考方法、応募書類11%(同12%)

5、休日 10%(同9%)

6、雇用形態 8%(同7%)

7、社会保険・労働保険7%(同7%)

求人条件と実際の労働条件が異なる場合

ハローワークでは求人を受理する際に原則として対面で求人条件を点検する等、求人内容の適法性・正確性の確認に努めているほか、採用結果の確認時に相違がある旨の報告を受けた場合は、事実を確認し、必要に応じて是正指導をしています。

求職者から「求人条件と実際の労働条件が異なる」と言った相談があった場合には迅速な事実確認や是正指導の他、法違反の恐れがある場合は以下のような対応をしています。求人票の内容の変更、職業紹介の一時保留、求人取消、求人票に合わせた労働条件に変更等があります。

要因別の割合は

求人票と実際の相違についての要因は「求人票の内容が実際と異なっている」39%と「求人者の説明不足」25%で全体の3分の2を占めています。「よくあるトラブルとしては

・求人より低い賃金であった

・求人票と違い職種であった

・求人票と違う仕事内容であった

・正社員と聞いて応募したら非正規雇用であった

・採用直前に言われてなかった勤務地を提示された

・始業時刻の30分前に出社しなければならなかった

・社会保険や雇用保険に加入となっていたのに加入していなかった

等が挙げられています。

トラブルで会社の悪い印象を与えたりしないように気をつけたいものです。

*************************************

求人事業主と求職者の間で募集・採用に当たってのトラブルが増えています

■トラブル防止のためにも、募集・採用に当たってのルールの遵守をお願いします  ■本リーフレットでは、特に求職者の方から相談の多いものをまとめました  ■ご不明、ご心配な点は、お気軽にハローワークにご相談ください

 

求職者の声 ○面接で、求人票に記載してある賃金よりも低い賃金を示されました。求人票に記載してあるものより低い  賃金を示してもよいのでしょうか。 ○面接に行ったら、求人票に記載の仕事内容や労働条件と異なる説明を受けました。 ハローワークからのお願い  求人票の「毎月の賃金」欄の下限額は、応募基準を最低限満たす方を採用した場合に支払う予定の金額で す。求職者は少なくとも下限額が支給されるものと期待して応募しています。当初想定していた応募基準を満 たさないが将来性に期待できる等の理由から下限額を下回る額で採用したいというような場合は、求職者に提示する前にハローワークにご相談ください。ハローワークから求職者に求人事業主の意向を伝えるなど必要な 対応を行います。  また、試用期間中の労働条件が試用期間終了後の労働条件と異なる場合は、必ず試用期間中の労働条件を求 人票の「備考」欄等に記載するようお願いします。 ハローワークでは、求人票の分かりやすい記載方法のアドバイスを行っています。

 

求職者の声 ○求人票には経験不問とあったのに、面接では経験が必要と言われました。初めから求人票に書いてあれば、  わざわざ面接まで行かなかったと思います。 ハローワークからのお願い当初は経験不問としていても、経験者の応募が多数あった等の理由で、求人申込後に必要な経験等の条件変 更を行う場合は、必ず求人を提出したハローワークに連絡の上、求人票の記載を変更してください。なお、求人票の記載を変更する前に紹介された求職者については、未経験の方であっても、その方の能力・ 適性に基づく選考を行うようご配慮ください。 ハローワークでは、最近の状況に応じて見込まれる応募者数などを考慮した条件設定等のアドバイスを 行っています。

 

求職者の声 ○面接の際、応募した求人とは別の職種で採用したい、と言われました。いきなり言われても困るのですが。 ハローワークからのお願い  求職者は、求人票に記載された内容で採用されることを期待して応募しています。求職者の能力・適性か ら、別の求人条件での採用を希望する場合(例:「営業事務」希望の方を「総務事務」で採用したい場合等) には、求職者に説明する前にハローワークにご相談ください。ハローワークから求職者に求人事業主の意向を 伝えるなど必要な対応を行います。なお、その条件の求人が提出されていない場合は、あらためてご提出をお願 いします。

採否の連絡

求職者の声 ○求人票記載の採否決定までの日数を過ぎても面接を受けた事業所から採否の連絡が来ません。 ハローワークからのお願い  求職者は、採否の結果を不安な気持ちで待っています。また、採否の連絡があるまでは、他の事業所への応募を控える方もいます。求人票に記載した採否決定までの日数は厳守してください。以下略

 

神奈川労働局 HPより