社員が新たに健康保険に加入する際の手続

新入社員には早く健康保険証が本人の手元に届くように手続きしたいところですが、全国健康保険協会(協会けんぽ)では、被保険者の資格取得手続、並びに被保険者の加入手続きをしてから健康保険証が交付されるまで日数を要します。

このため新たに被保険者や被扶養者となる人が早急に病院を受診する必要がある時等は健康保険証交付までの間、申請により、「健康保険被保険者資格証明書」が交付されます。急ぐ場合は「被保険者資格取得届」や被扶養者(異動)届」提出時に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」を管轄の年金事務所の窓口に提出すると「健康保険被保険者資格証明書」が交付される事になっています。この証明書の有効期限は20日以内ですので健保証が交付されたらすぐに返納しなければなりません。

資格取得・喪失などの確認請求

協会けんぽの健康保険の被保険者や被扶養者であった人が退職や被扶養者でなくなった後に国民健康保険の加入手続きの為に、資格喪失年月日や扶養から除かれた日に関する証明を必要とする時は「健康保険・厚生年金保険資格取得・資格喪失等確認請求書」を年金事務所に提出すると、喪失年月日等が記載された確認通知書が交付されます。これは後日送付されてくる「健康保険・厚生年金保険資格喪失確認通知書」とは別のものです。急ぐ場合は資格喪失届と一緒に請求書を提出するとすぐに確認通知書が交付される事になっています。この通知書を国民健康保険加入の市区町村の窓口に提出する事で遅滞なく国民健康保険証の交付を受ける事ができます。

このように資格取得や資格喪失時に資格証明書が必要かどうかを早めに本人に確認しておく事がよいでしょう。

********************************

従業員に健康保険被保険者資格証明書を交付するときの手続き

1.手続内容

全国健康保険協会(協会けんぽ)が管掌する健康保険の被保険者又は被扶養者となる人が早急に医療機関で受診する予定がある場合、健康保険被保険者証が交付されるまでの間、申請に基づき年金事務所の窓口で「健康保険被保険者資格証明書」を交付します。

2.手続時期・場所及び提出方法

事業主が「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」を日本年金機構へ提出します。事業主の代わりに被保険者が提出することもできます。

区分内容
提出時期被保険者又は被扶養者となる人が健康保険被保険者証の交付前に早急に医療機関で受診する予定があるとき
提出先事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は、事務センター)
提出方法窓口持参、郵送

 

3.申請及び届書様式・添付書類

 

健康保険被保険者資格証明書交付申請書

 

 

 

4.留意事項

(1)年金事務所の窓口にお越しになる方は、「身分証明書」をご持参ください。

また、事業所の事務担当者など事業主以外の方がお越しになられる場合は、「健康保険被保険者資格証明書」の受領について、事業主の委任を受けていることが分かる「委任状」を併せてご持参ください。

(2)この「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」は、当該被保険者又は被扶養者となる人の「被保険者資格取得届」(「被扶養者(異動)届」を含む。)と一緒に提出していただくと、「健康保険被保険者資格証明書」の交付が早期に行えます。

(3)「健康保険被保険者資格証明書」の有効期間は、証明日から20日以内です。

 

日本年金機構HPより