花粉症の季節が近づきました

花粉症は日本人の約4割がかかっているとも言われています。花粉症の原因は最も知られているのがスギ花粉です。スギ花粉が飛ぶのは2月に始まり3月がピークとなり、4月頃までとなります。花粉症が労働力にどのくらい影響力をおよぼしているかを考え職場で行う花粉症対策を考えたいと思います。

目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、予防薬の副作用からくる睡魔等は、仕事に集中できず生産性も下がります。花粉症は個人の問題と思うかもしれません。しかし調査によると花粉症の為に仕事の効率が落ちた事による生産性の低下が大きな問題となっています。その損失額は300億円とも言われています。さらに医療費、薬代等の費用もあわせると3000億円を超えると言う試算もあるほどです。

職場でできる対策は

家庭でも同様ですが花粉を室内に入れない事が大事です。オフィスに入る前に上着や帽子を取り、外で、はたいてから入る。エントランスにはそのような内容の手作りのポスターを貼る等もあります。また、窓やドアを閉める、エアコンフィルターの清掃、加湿器や空気清浄機も花粉を湿らせ飛ぶのを抑える効果があります。

時々は空気の入れ替えも必要になるでしょうが加湿器や空気清浄機等は室内の空気をきれいにするには有効でしょう。

花粉症は発症しない人には気にならない為、これらの対策にも協力をしてもらう等職場全体の理解を得る事も大切でしょう。

福利厚生的支援

最近は福利厚生面から会社が個人の花粉症対策に協力するところもあるようです。対策グッズや薬にはそれなりの費用がかかります。ティシュ、マスク、対策用メガネを配ったり、医療費の一部を負担したり、花粉症のピークの時期にはテレワークにし、家から出ないようにしたり等もあるそうです。

花粉症の症状が和らげば、精神的にもゆとりが生まれ、オフィスの雰囲気も良くなり生産性向上にもつながるでしょう。

会社が福利厚生の一環として花粉症対策に取り組むのは、出来るところから始めてみるのが良いでしょう。

**************************************

こんな工夫で花粉症対策ができる! 

エアコンの掃除からリモートワークまで

花粉症の具体的な予防・緩和策を紹介しましょう。室内でも室外でも花粉が飛散する中、個人としてだけでなく会社全体で取り組むことで、高い予防・緩和効果を得られるはずです。

1.入室前に花粉をシャットアウトするルールづくり

花粉がオフィスに入りこむのを防ぐことが第一。「上着や帽子は玄関で必ず脱ぐ」「洋服ブラシや粘着カーペットクリーナー(通称コロコロ)を使って服についた花粉をできるだけ払い落とす」といったルールをつくり、社内に呼びかけましょう。さらにちょっとしたポスターを手作りし、エントランスに貼っておくと、来客者にも協力してもらえる可能性が高まります。

2.エアコンのフィルターを掃除していますか?

エアコンのスイッチを入れると床に落ちている花粉がまき散らされるだけでなく、エアコン内部に入り込んだ花粉が送風ファンから吹き出してしまいます。

エアコンのフィルターが花粉やホコリを吸着してくれますが、こまめに掃除をしないと目詰まりして吸着力が弱くなり、暖房効率も下がってしまいます。月に1回はフィルターの掃除をするとよいでしょう。

3.加湿器・空気清浄器も忘れずに

空気中に飛散した花粉を、加湿器や空気清浄器で湿らせて床に落とすと、それだけで花粉が飛ぶのを減らす効果が見込めます。数時間に一度は窓を開けて空気の入れ替えを行い、加湿器や空気清浄器で室内の空気をきれいにするのがお勧めです。

総務のおいしい話 オフィスでの効果的な花粉対策より