民法(債権法)の改正

労働基準法第115条は、賃金(退職手当を除く)、災害補償その他の請求権は2年間、退職手当の請求権は5年間の消滅時効を定めています。

2020年4月1日に施行される改正民法(第166条第1項)では、一般債権の消滅時効は次のいずれかとなります。

①債権者が権利を行使できることを知った時(主観的起算点)から5年間行使しないとき。

②権利を行使できる時(客観的起算点)から10年間行使しないとき。

従来、「使用人等の給与」等に設定されていた短期消滅時効が民法では廃止されますので、労働基準法の賃金請求権の消滅時効の取扱いがどうなるか注目されていました。

 

労働基準法の賃金請求権は当面3年に

厚生労働省は、通常国会に労働基準法改正案を提出し、賃金請求権の消滅時効は、客観的起算点から5年を原則とするものの、労働基準法第109条の記録保存期間に合わせて当分の間3年とし、5年後に必要に応じて見直すことになりそうです。

なお、退職手当の請求権の5年間、年次有給休暇取得の2年間の消滅時効に変更はありません。

 

未払賃金の遡及も最大3年に

労働基準監督官の臨検で未払賃金に関して是正勧告された場合、最大2年分の遡及払いを指導されていましたが、今回の改正で、さらに1年分多く遡及される可能性があります。

つまり、臨検で未払賃金の是正勧告を受けた場合や未払賃金に関する裁判で会社敗訴となった場合のリスクが1.5倍となるということです。

従来の2年遡及でも、企業にはかなりの痛手となっていましたので、遡及が最大3年となれば、会社の存続自体が危ぶまれるケースが増えてくるかもしれません。

**************************************


今回、民法(債権法)の歴史的な改正が実施され、従来の短期消滅時効が廃止されることとなった。
概要

民法の特別法である労働基準法の賃金請求権に関する消滅時効がどうなるか注目を集めていたが、改正民法施行目前になって、原則は5年とするものの、当面の間は3年とする労働基準法改正案が国会で審議されることとなった。

従来の未払賃金の2年遡及でも、企業にとって大きな痛手であったことから、3年遡及となった場合、事業の継続が困難となる企業が増加することも懸念される。

 

参考資料

・労働新聞2020年1月27日号記事「賃金請求権消滅時効『当面の間』は3年に」

・改正民法第166条第1項(債権等の消滅時効)

・労働基準法第109条(記録の保存)

・労働基準法第115条(時効)

・厚生労働省HP【資料】賃金等請求権の在り方について(建議)

https://www.mhlw.go.jp/content/11210000/000581932.pdf