厚労省HPで時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)の交付決定の遅れから、事業実施期間を1月15日から1月31日まで延長しました。

当事務所でも2019年10月末に取り扱ったものについては年末まで交付決定が出ていませんでした

※「事業実施期間」の変更を希望される場合には、「時間外労働等改善助成金事業完了予定期日変更報告書」(「様式第8号」)を所轄労働局長あてに提出する必要がありますので、ご留意願います。
支給申請期限を2月3日から2月7日まで延長しました。
となっています。いろいろな勤務間インターバル助成金で行う必要のある取り組みは最長1/31まで、窓口に支給申請を行うのは2/7が期限となりました。

「時間外労働等改善助成金事業完了予定期日変更報告書」(「様式第8号」)が必要かで労働局の取り扱いが違います。

①東京についてはこの交付決定の遅れに引っかかってしまった事業所については1月15日を計画期間としていても1月31日まで自動的に期間を延ばすようです。1月10日までに交付決定が届かない事業所は均等部宛に連絡が必要です。

②埼玉については延長届を出す必要があります。

③神奈川県は交付決定の遅れに引っかかってしまった事業所については1月15日を計画期間としていても1月31日まで自動的に期間を延ばすようです。

④千葉県については延長届を出す必要があります。

⑤愛知県は交付決定の遅れに引っかかってしまった事業所については1月15日を計画期間としていても1月31日まで自動的に期間を延ばすようです。

期限が迫っていますので交付決定が来ていなければまずは管轄の均等部・室に問合わせ

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/ (均等部・室一覧)

納品等事業実施が間に合わなければ廃止を出して来年に賭けるのもありでしょう。