2020年春入社までは現行通りの採用日程

経団連は現在大学2年生が対象となる2021年春入社以降就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」を廃止する事を決定しました。現行では経団連の会員企業は会社説明会が3月1日、面接等の選考活動が6月1日、内定の通知日が10月1日をそれぞれ解禁日として2020年春入社予定の学生までを適用するとしています。

政府は経団連の決定を受け2021年春入社組が混乱を起こさないよう現在と同じ日程を維持する予定との事ですが2022年以降は経団連や大学と協議して新たなルールを作るとしています。

現在の採用選考に関する指針の問題点は

経団連で指針を廃止する理由について主に次の点が挙げられました、

・指針は強制ではない為、形骸化している。

・加入企業でない外資系やIT企業等の採用活動は早期化している。

・内閣府と文科省の調査によると経団連の指針で定める面接の解禁日を守っていない企業は62.4%(前年比3,1%増)に上り形骸化が進んでいると言う事です。

就職採用活動は早期化・長期化し学業への影響が指摘されていました。

政府主導で採用ルール作成が予定されています

近年は「新卒一括採用」から「通年雇用」へ移行する企業も増えています。通年雇用は欧米では一般的で企業は年間を通じて採用活動を行っている為、既卒者や留学生等幅広く人材獲得できるとしています。

今後は経団連に変わって政府が主導となって就職・採用活動のルールの見直しや「新卒一括採用」の在り方について議論される方針です。採用活動のグローバル化や多様性が進む中で企業と学生が混乱しないよう適切なルール作りができると良いですね。

経団連 採用ルール廃止表明

会長「21年春採用から」

経団連の中西宏明会長は3日の定例記者会見で、会員企業向けに会社説明会や面接の解禁時期などを定めた採用活動の指針を廃止する意向を表明した。現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の採用から適用する方針だが、就職活動の長期化懸念などから大学などの反発も予想され、廃止表明は波紋を広げそうだ。

 

現行の指針は17年春入社から適用され、会社説明会などの広報活動は3月1日、面接などの選考活動は6月1日を解禁日とし、10月1日を内定日と定めている。20年春入社までは現行の指針の継続が決まっていたが、21年春入社については、今秋をめどに結論を出すとしていた。実際に廃止されれば、1953年の「就職協定」から開始された採用活動のルールがなくなることになる。

説明会や面接の解禁日の設定を巡っては、学生が学業に専念できるようにと安倍晋三首相が日程の先送りを要請し、経団連は16年春入社の採用の際に会社説明会は前年12月から3月に、面接は4月から8月に大幅に繰り下げた。しかし、面接の解禁が遅いため就職活動が長期化するなどの批判があり、翌年には面接解禁日を6月に前倒しするなど、度重なる変更が混乱を招いた経緯がある。

また、採用指針は会員の大企業同士の「紳士協定」のため、外資系企業や中小企業はルールの対象に含まれないほか、罰則がないこともあって会員企業にも抜け駆けして採用活動を早める動きが相次ぐなど、有名無実化が指摘されている。

中西会長は、これまで日本企業の特徴とされてきた終身雇用制や、新卒一括採用などが形骸化しつつあると指摘。「個社の方針を大事にしてやっていき、違いがあってしかるべきだと思う」と述べ、企業がそれぞれの経営方針に沿って独自の採用活動を展開すべきだとの考えを示した。

ただ、企業の人材獲得競争が激化する中、日程などの目安がなくなれば、採用活動が大幅に前倒しされるなどの懸念もある。中西会長は「経団連としてはまだ決めていない」としており、最終的な機関決定までには曲折も予想される。

 

毎日新聞デジタルより抜粋