昨年ころから実用化され始めたAI(人工知能)技術は、ブームとなって行きそうな勢いです。

日増しに報道や出版物も増えていますが、AIが発達すると雇用との関係は今後どうなって行くのでしょうか。

労働者の半数が機械に仕事を奪われる?

2016年に発表されたAIと雇用についてリクルートワークス研究所の機関誌「WORKS .137」の記事で「同僚は人工知能」という記事が掲載され話題を呼びました。

それによると日本では今後49%がAIやロボットによる代替の可能性が高いと言っています。労働者の半数が仕事を失うとなるとは驚きです。そのような未来が来るとすると企業では何が起こるのでしょうか。

仕事が減ったら配置転換で乗り越えてきた

日本の労働の歴史では1980年代のME革命や1990年代のIT革命の際も業務が一新され、従前の雇用は大量に失われました。

しかしMEやITに従事する新たな雇用が創出されたので日本型終身雇用に守られた労働者の再配置(社内配転等)がなされ、大量の失業者が発生する結果にはならなかったという事です。

但しAI.ロボット技術との違いは

①技術の発達速度の速さ

②雇用創出にはそれほどつながらない

等が言われており、懸念されています。

今後の時代に備えた雇用を考える

労働法が現在の内容である限り企業はたとえAIによって自社の職務が削減しても社員の雇用を守るための努力は必要になるでしょう。

それなしには整理解雇が有効になることはないかもしれません。

もちろんAIが導入されても絶対雇用維持しなければならないと言う事にはならないでしょう。ここはAIと共存する為の知恵や工夫が必要となってくるのでしょう。

前述の「WORKS.137」でも生産性向上等、新しい働き方の提案がなされています。

来るべき時代を意識しておく必要があると言う事でしょう。

*********************************************************

同僚は人工知能

 

はじめに:「その日」は、確実にやってくる

●本当に仕事を奪うのか 人にとってのAIのリスクとは

●AI、ロボットには何ができるようになったのか

●現場はAIやロボットによって既に変わりつつある

●AI、ロボットによって変わる「現場」レポート
・インダストリー4.0の中核企業が描く製造業の未来とは/フエスト
・ロボットとともに、より生産性を高めることこそが人の仕事/変なホテル(ハウステンボス)

●人事はAI、ロボットの進化にいかに向き合うか

●人事がAI、ロボット時代にすべきこと14の提案
・対話せよ
提案01 産業・企業・働く人の姿がどうなるか、未来図を共有せよ
提案02 安心して共存するためのルールを、働く人とともに作れ
・職務を再設計せよ
提案03 AI、ロボットの得意なことを探り出し、彼らに任せよ
提案04 人こそがすべき仕事の意味をあらためて定義せよ
提案05 職務設計のフレキシビリティを高めよ
・教育せよ
提案06 新しいことを常に学ぶ態度を身に付けさせよ
提案07 新しい技術を導入した後の、スキルを特定せよ
提案08 「一人前になるまでの教育」のあり方を再考せよ
・職場を再設計せよ
提案09 ロボットと共棲するワークプレイスをデザインせよ
提案10 働き方・働く場の新しい可能性を発掘せよ
提案11 いつでも、どこでも、何度でも学べる場を企業が提供せよ
・人事を変えよ
提案12 AIによって、人事の生産性を向上させよ
提案13 「40年間働き続ける」を脱却し、新しい雇用ルールをつくれ
提案14 会社の枠組み、労働への価値観を再考せよ

まとめ:AIのサポートが拓く人の新しい可能性こそを大切に/石原直子(本誌編集長)

 

リクルートワークスWORNK137より