人生の様々な出来事と年金の関わり

就職、結婚、定年……人生にはいろいろな出来事がありますが、良いことばかりでなく思わぬアクシデントに遭遇することもあります。年金は人生の転機と大きく関わっています。山あり谷ありの人生のモデルケースのライフステージを見てみましょう。

スタートは20歳国民年金の加入から

1. 20歳になると国民年金加入のお知らせが届きます。日本に住む20歳以上60歳未満の方は全員加入が原則とされています。第1号被保険者となります。

2. 就職して厚生年金保険に入る。高卒18歳で厚生年金保険適用事業所に就職すれば、加入します。大卒22歳以上で就職したときも同様です。第2号被保険者となります。

3. 海外留学や海外派遣

国民年金の加入者が海外留学中は任意加入となり、加入すれば保険料の納入が必要となります。企業から海外派遣などで勤務する場合は一時派遣であれば日本の年金制度のみ加入、長期は社会保障協定で決められている基準に従い相手国の年金に加入します。

結婚し妊娠、出産、育児休業、退職したとき

妊娠・出産・育児休業期間は保険料免除制度があります。妻が退職し専業主婦となった場合は第3号被保険者となり夫の勤務する会社を通して手続きします。再就職しても年収130万円未満であれば保険料はかかりません。

夫が退職、自営業となる

夫婦とも第1号被保険者(60歳未満)。市区町村役場で手続きをする。

夫が不慮の事故で急逝、子が交通事故

母子に遺族厚生年金、遺族基礎年金が受給できます(遺族基礎年金は子は18歳の年度末まで)。

子は20歳で国民年金に加入。万が一の交通事故などで後遺症が残ったときは障害基礎年金が受けられます。

妻再就職で厚生年金再加入

老齢年金を受給できる年齢になったら年金の請求手続きをします。働いているうちは給与に応じて年金額が減額されます。老齢年金と遺族年金の選択も必要です。65歳にはもう一度、老齢年金の請求書が来るので提出します。

 

※株式会社エムエムアイが運営する当事務所所属のデイリーコラムより抜粋。所属士業の先生方が執筆しています。(リンク)

*************************************

 

公的年金で受け取れる年金にも種類がある

日本では年金加入者が保険料を支払う「社会保険方式」を取り入れています。
公的年金には国民年金と厚生年金があり、20歳以上の国民は、原則そのどちらかに加入することになります。
保険料を支払い、一定の要件を満たしている人は、万が一の事態が起こったときに3種類の基礎年金を受け取ることができます。種類は老齢年金、障害年金、遺族年金があります。
老齢年金は高齢になったときの生活保障として、障害年金は病気やケガで障害状態となったときの保障として、遺族年金は残された遺族の生活保障としての役割を持っています。
基礎年金は、国民年金加入者が受け取れる年金です。厚生年金は国民年金の上乗せ部分なので、厚生年金に加入することで自動的に国民年金にも加入していることになります。年金も基礎年金に上乗せした額が受け取れます。
このように、被保険者の加入している年金の種類によって受給内容が異なり、それぞれ老齢基礎年金・老齢厚生年金というように呼ばれます。
国民年金と厚生年金は、全ての年金の考え方の基礎となります。

国民年金と厚生年金とそれぞれの被保険者の分類

公的年金の被保険者は3種類に分類され、対象となる人の働き方により加入する年金の種類が変わります。保険料の支払いも被保険者の区分によって異なります。

第1号被保険者
日本国内に住む20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業従事者、学生、フリーター、無職の人など。■第3号第3号被保険者
専業主婦の人など第2号被保険者に扶養されている配偶者。20歳以上60歳未満かつ、年収は130万円未満であることが要件となり、年収が130万円を超えると第1号被保険者になります。被保険者本人の保険料負担はありません。第3号被保険者の保険料は、配偶者が加入している年金制度によって負担されています。配偶者が支払っているわけではありません。

■第2号被保険者
厚生年金や共済組合等に加入している会社員、公務員など。

マネードクターナビHPより