毎年9月まで熱中症キャンペーン期間

ゴールデンウィーク前からすでに汗ばむ日が出てきています。

夏本番になると例年熱中症患者が増える季節です。職場において熱中症で亡くなる人は毎年全国で10人以上いて4日以上仕事を休む人も400人以上いるそうです。

やはり屋外での作業者の方が圧倒的に多く、警備業、道路工事業、造園業、貨物自動車運送業、建設業等屋外作業を行う職場では充分な対策が必要でしょう。

労働環境の改善は労災を起こさないためにも急務でしょう。

熱中症の症状とは

熱中症は屋内にいる人でもかかることがあります。熱中症は高温多湿の環境下で体内の水分および塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害で次のように分類されます。このような症状が起きたときは熱中症かもしれません。

Ⅰ度 めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直

こむら返り、大量の発汗

Ⅱ度 頭痛、不快、吐き気、嘔吐、倦怠感虚脱感

Ⅲ度 意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温

作業中の熱中症対策

1.日除け,通風、スポットクーラー、散水 屋内ならば冷房、冷風機

2.水分、塩分の補給、体を冷やす氷嚢や保冷剤、冷たいおしぼり

3.作業場付近の冷房を備えた休憩場所、日陰

4.作業中の暑熱環境の変化がわかるJIS規格「JISB7922」に適合した暑さ指数計WBGT(気温、湿度、風速、輻射熱を考慮した総合的な値)測定を行って安全確認をする

5.休憩時間や休止時間を確保する

6.あらかじめ暑さに慣れる期間を設ける

7.作業着は通気性、透湿性の良いもので、万一症状が出た時は作業服をゆるめる

8.健康診断で作の健康状態を確認する

9.作業者や管理者には熱中症の予防方法、緊急時の措置などの安全衛生教育を行なう

****************************************

熱中症予防のために

 

暑さを避ける

室内では・・・ 扇風機やエアコンで温度を調節 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用 室温をこまめに確認 WBGT値※も参考に

外出時には・・・ 日傘や帽子の着用 日陰の利用、こまめな休憩 天気のよい日は、日中の外出を できるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数 運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。 環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測値と予想値が掲載されています。

こまめに水分を補給する

室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、 こまめに水分・塩分、経口補水液※などを補給する ※ 水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分 のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもっ た状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症の症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う 重症になると、 ○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症を疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

体を冷やす 衣服をゆるめ、からだを冷やす (特に、首の回り、脇の下、足の付け根など)

水分補給 水分・塩分、経口補水液※などを補給する ※ 水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの 涼

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

「ご注意」

暑さの感じ方は、人によって異なります その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。 高齢者や子ども、障害者・障害児は、特に注意が必要です ・熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する 感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が 必要です。 ・子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。 ・のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても 室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください 気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

厚生労働省HPチラシより