資本金1億円は中小企業扱いで税負担軽減

新型コロナ感染の影響で、旅行業界・飲食業界を筆頭に、かつてないほど業績が悪化しています。こうした中で、財務基盤の健全化を図るとともに、税負担の軽減を受けるねらいもある「資本金を1億円以下にする減資」が増えています。JTBは23億4百万円から、スカイマークは90億円から、カッパ・クリエイトも98億円から、それぞれ1億円に減資しています。

「中小企業扱い」による税負担軽減の狙いは、主に、

(1)法人税の欠損金の繰越控除の活用

(2)地方税である法人事業税の外形標準課税の対象から外れること

などがあります。(1)は、大企業であれば黒字=所得と欠損金の相殺は所得の50%までに制限されていますが、中小企業は全額控除できます。(2)は、中小企業になることで、大企業であれば赤字でも課税される外形標準課税(事業所の床面積や従業員数、資本金等及び付加価値など外観から客観的に判断できる基準を課税ベースとして税額が算定される課税方式)が対象外となります。

(注)上記2つの規定は「資本金の額」が基準となります。一方、均等割(=前年の所得金額の多少にかかわらず、地方自治体の行政サービスを維持するために要する費用を広い範囲の人に負担してもらうための税)は、「資本金等の額=資本金+資本剰余金」が課税標準となるため、資本金を資本剰余金に振り替えて減資をする場合(=カッパ・クリエイトのケース)では、均等割は従前と変わりません。

租税回避ですが合法です

租税回避は、税金を逃れるという悪いイメージがありますが、合法であれば何ら問題はありません。意図はどこにあれ、通常の手続で減資をして、「資本金1億円超」という課税要件の充足を避けることができています。

租税回避への対抗は税制改正だけ

誰が見ても“最初から贈与税回避の意図がアリアリだろう”と思われた「武富士専務贈与税事件」は、最高裁で合法の判決となりました。結局、国は税制改正をし、こうした抜け道に蓋をすることで対処するしかできませんでした。

従業員がグループ全体で2万7千人(JTB 2020年3月末)もいてどこが中小企業だという世論が大きくなると、税制改正で、こうした減資による減税にも蓋がされるかもしれません。

 

※株式会社エムエムアイが運営する当事務所所属のデイリーコラムより抜粋。所属士業の先生方が執筆しています。(リンク)

*************************************

 

1.「JTB、1億円に減資へ 「中小企業扱い」で税負担軽減」(日本経済新聞オンライン:2021/2/23)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ230T70T20C21A2000000/

 

2.スカイマーク99%減資:産経新聞(2020.11.19)

https://www.sankei.com/economy/news/201119/ecn2011190013-n1.html

 

3.カッパ・クリエイト減資(2020年12月21日)

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/cnwec2/

 

4.「租税回避」清永敬次『税法(新装版)』(ミネルヴァ書房 2013年)42頁。

「租税回避(tax avoidance、 Steuerumgehung)というのは、課税要件の充足を避けることによる租税負担の不当な軽減または排除をいう。多くの場合、税法上通常のものと考えられている法形式(取引形式)を納税者が選択せず、これとは異なる法形式を選択することによって通常の法形式を選択した場合と基本的には同一の経済的効果ないし法的効果(以下、単に「経済的効果」という。)を達成しながら、通常の法形式に結びつけられている租税上の負担を軽減又は排除するという形をとる。このような租税回避をもたらす納税者の行為を租税回避行為という。」

 

5.「租税回避」金子宏『租税法(第23 版)』(弘文堂 2019年)133-134頁。

租税法の定める課税要件は、各種の私的経済的取引ないし私的経済活動を定型化したものであり、私法の世界では、強行規定に反しない限り自己に最も有利になるように、法的形成を行うことができる とした上で、「租税回避(tax avoidance、 Steuerumgehung)とは、このような、私法上の形成可能性を異常または変則的な(『不自然』」という言葉は、主観的判断の幅が広く、不明確度が大きいため、避けておきたい)態様で利用する事(濫用)によって、税負担の軽減または排除を図る行為の事である 」定義としている。

 

6.タックスアンサーNo.5432措置法上の中小法人及び中小企業者

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5432.htm

 

7.武富士元専務への課税取り消し 2000億円還付へ  最高裁判決 (日本経済新聞オンライン:2011/2/18)

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG17022_Y1A210C1000000/

 

8.平成12年税制改正:国外財産を利用した租税負担回避行為の防止

贈与する側か受ける側のいずれかが過去5年以内に日本に住んでいれば、海外資産も課税対象となるとの改正が行われた。