港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

助成金

助成金という制度があることを知っていますか。
会社が従業員のために雇用を安定させる
施策を行うと国や地方自治体から交付される金銭です。
返済する必要がないので会社のキャッシュフローに貢献するものです。
助成金とは何だろう、助成金を使うときのポイントなどを書いています。

助成金という制度があることを知っていますか。
会社が従業員のために雇用を安定させる 施策を行うと国や地方自治体から交付される金銭です。
返済する必要がないので会社のキャッシュフローに貢献するものです。助成金とは何だろう、助成金を使うときのポイントなどを書いています。

助成金とは国や地方公共団体より民間企業や団体に対して交付される金銭のことをいいます。返済の必要はありません。

その中でも当事務所が事業主の皆様に活用していただきたいのが厚生労働省系の助成金です。
コンセプトは「雇用安定(1年以上の雇用・正社員)」 「能力開発(能力向上・能力可視化)」「両立支援」「雇用均等」にキーワードがあります。
そのため企業が行う「雇用を安定させる施策」に対して助成金が支給されます。

助成金の原資は税金や国の事業(雇用保険事業)で集められた資金から支給されます。
そのため、計画認定を受ける際や申請を行う際には、書類の提出を多数求められることがあります。 そこが面倒だとよく聞きます。
ただ助成金支給は営業活動と同じ効果があります。

厚生労働省系の助成金は要件を満たして提出書類がそろえば必ず支給されるものが多く存在します。
助成金支給は通常の営業活動だと思って手続きを踏むと本業の売り上げと同じ効果が得られることがあります。(経常利益率が10%の会社で100万円の助成金が支給されると、1,000万円の売り上げに相当します)
厳しい時代を乗り切る為に現在のような厳しい経営環境においては、返済が不要の助成金は、企業のキャッシュフローに大きく貢献するはずです。
社員が働きやすい環境づくりをし、売上にも貢献する助成金を使わないという選択肢はないでしょう!

近年「働き方改革関連法」が成立しこれから順次施行されていきます。
各会社で影響を受けることもあるでしょう。
しかし業務改善のチャンスと考え生産性向上を目指す機会ととらえれば
働き方改革も導入していけることでしょう。
当事務所では働き方改革の内容を実行する際に使える助成金を紹介し
企業の負担を軽減しながら制度を導入するお手伝いをいたします。

 

働き方改革で 活用したい助成金は

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

「勤務間インターバル」は、勤務終了から翌日の勤務開始までに、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。
新規に制度を導入する場合や、すでに導入済みでも、適用範囲の拡大や時間延長など制度を拡充することにより、助成金の対象となります。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

有期契約の労働者を無期雇用契約社員に転換した場合や、短時間・勤務地限定など、多様な正社員に転換した時に受けられる助成金です。

正社員に転換できるルールは外部へのアピールにもつながり、社員の採用・定着にも大きな効果をもたらすでしょう。

近年「働き方改革関連法」が成立しこれから順次施行されていきます。
各会社で影響を受けることもあるでしょう。
しかし業務改善のチャンスと考え生産性向上を目指す機会ととらえれば働き方改革も導入していけることでしょう。
当事務所では働き方改革の内容を実行する際に使える助成金を紹介し企業の負担を軽減しながら制度を導入するお手伝いをいたします。

 

働き方改革で 活用したい助成金は

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

「勤務間インターバル」は、勤務終了から翌日の勤務開始までに、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。
新規に制度を導入する場合や、すでに導入済みでも、適用範囲の拡大や時間延長など制度を拡充することにより、助成金の対象となります。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

有期契約の労働者を無期雇用契約社員に転換した場合や、短時間・勤務地限定など、多様な正社員に転換した時に受けられる助成金です。

正社員に転換できるルールは外部へのアピールにもつながり、社員の採用・定着にも大きな効果をもたらすでしょう。

働き方改革に関連した内容は次のようなものです。

1. 多様な働き方の整備
多様な働き方と賃金諸手当改定

2.非正規社員の待遇改善  
非正規労働者の正社員化やキャリア形成

3.女性の活躍推進
女性が活躍しやすい環境づくり

4. 高齢者の就業支援
定年引き上げや雇用延長

5.若者の雇用促進
教育訓練や研修休暇

6.育児と仕事の両立支援
育児と仕事の両立

7. 介護と仕事の両立支援
介護と仕事の両立

8.長時間労働の是正
残業の上限時間の設定やインターバル規制

9.人事開発キャリア支援
教育訓練、人事評価

貴社なら、新しく従業員様を雇う際にミスマッチがないか見極めて
正社員雇用する雇用助成金が活用できる可能性があります。
最適な助成金制度をご提案しましょうか?
わたくしどもでは、経営者が日常の業務の中で抱えている問題を
解決するサポート体制を心がけています。

貴社なら、新しく従業員様を雇う際にミスマッチがないか見極めて正社員雇用する雇用助成金が活用できる可能性があります。
最適な助成金制度をご提案しましょうか?
わたくしどもでは、経営者が日常の業務の中で抱えている問題を解決するサポート体制を心がけています。

それぞれの会社によって適する助成金は違いますがここでは私どもがご支援して、
給付された助成金の代表的なケースをご紹介します。

■ 有期契約社員から正社員登用した際に適用される助成金!
■ 65歳以上に定年を延長した際に適用される助成金!
■ 60歳以上の従業員を雇われている場合に適用される助成金!
■ 教育訓練を行うために活用できる助成金
■ 両立支援を行うために活用できる助成金

具体的な提案シーン例

■高齢者の給与体系の見直しを行ないたいのだが・・・

回答:高齢者給与体系の変更と年金と高年齢雇用継続給付制度の活用で、社員の手取りを大きく減らすことなく、
会社の負担を大きく減らすことが出来ますが、 ご提案いたしましょうか? など

幾つかの条件がありますが、上記のような助成金が存在することさえも知らない経営者がいらっしゃいます!!

なにか助成金が使いたいな。
でも助成金のことなんて知らないなぁ…
という経営者様向けに助成金の無料診断を行っています!お問い合わせページからお申し込みください 是非、一度試してみては如何でしょうか?

まずは助成金が受けられるか下記の簡易版をお試しください。

1.□ 社員が雇用保険に加入していますか?
2.□ 雇用契約書は交わしていますか?
3.□ 出勤簿はつけていますか?
4.□ 法人は社会保険に加入していますか?
5.□ 残業代は支払っていますか?
6.□ 最近解雇者を出していませんか?
7.□ 就業規則は有りますか?(10人以上事業所は作成届出要)

すべてがYESの方は今すぐお問い合わせください!! すべてがYESでない方もこれから検討することができます。

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-15 浜松町三電舎ビル901

電話:03-5401-9012

※電話受付時間:月~金 9:00~18:00(年末年始を除く)

対応地区:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に応相談。

〒105-0013
東京都港区浜松町2-7-15 浜松町三電舎ビル901

電話:03-5401-9012

※電話受付時間:月~金 9:00~18:00(年末年始を除く)

対応地区:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に応相談。