港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

よくある質問

A1.
A アドバイザリー顧問 相談顧問、労務管理や社会保険の相談アドバイス

    原則はメール又は電話、必要に応じて別途費用でご訪問も致します。

    定期労務情報提供  

    月額10、000円より   社員数により決定

B レギュラー顧問  通常顧問 労務相談・社保手続き 定期労務情報提供

           月額15、000円より    社員数により決定

           毎月の給与計算   月額 15、000円より

但し、社保手続きと同時の場合は割引もあります。

Ⅱ 採用に関するコンサルティング

 受託内容、企業規模により決定されますのでご相談の上提示

Ⅲ 助成金に関するコンサルティング

  助成金費用の20%~

Ⅳ 就業規則作成・変更  

就業規則作成   20万円~

賃金規定      5万円~

その他の規定    5万円~

 

A2. 提携先士業が税務・登記・法務等の問題をフォローしますのでお申し出ください。

A3. 単発の仕事でもお引き受けします。お気軽にご連絡ください。

A4. 
もちろんできます。相談顧問は原則メールお電話での相談になりますが質問回数の制限は設けていません。
ご訪問のご依頼の場合は原則1時間1万円で申し受けております。

A1. 行っております。アウトソーシングをして企業の負担を減らせます。有利に受給できる給付などもアドバイスいたします。

A2. 法人の場合は代表者1人でも健康保険・厚生年金保険に加入することとなっています。法人、個人問わず従業員を採用したら労災・雇用保険の加入をする必要があります。

A3. 役員や事業主、その同居家族は労働保険事務組の労災保険特別加入制度に加入することができますのでご相談ください。

A4.できます。お気軽にご相談ください。

A5.まずは労働保険の加入と雇用契約書の整備です。

社会保険加入は業種や規模で条件が変わってきます。また、労働時間や休暇など労働基準法を意識して作成しておくことが必要です。

当事務所では整備指導をしています。ご相談ください。

A6. 概算ですが給与額の20%くらいが会社負担の法定福利費となります。
加入者は人件費に20%を乗せて考える必要があります。

A7. 法人であれば社長1人であっても加入義務があります。

A8. 雇用契約書に明示しなければならない法定の事項と別に会社のルールを入れても構いませんが法律に違反していないことが前提です。違反していると法的効果は有りません。

A9. もちろん当事務所ではしっかりヒヤリングしたうえでご提案いたします。法的に問題がある等、緊急の課題から優先して考えます。

A10. 法律で決まっている働く人の権利で原則取らせないことはできません。
2019年4月からは年5日は会社が指定して有休を確保しなければなりません。
取得させないと罰金30万円が課せられる可能性があります。

A11. パートであっても働く日数で付与されるので有休は必要です。

A12. 郵送をしたり、電子申請をすることもできます。

A13. 働き方改革では有給休暇や労働時間規制、同一労働同一賃金、36協定時間上限などがあり個々に検討する必要があります。

A14. スポットとして対応しています。

A15. 社会保険、給与計算の代行をしています。当事務所にご相談ください。

A16. 遅れても出す必要があります。詳しくは当事務所にご相談ください。

A17. 放っておくとさかのぼり加入もあるかもしれませんので対応しましょう。

A18.放っておくことはできません。対応するのがよいでしょう。
詳しくは当事務所にご相談ください。

A19. 労働者10人以上事業所では就業規則届け出義務があります。
詳しくは当事務所にご相談ください。

A20. 労使トラブル対応はご状況によってかわります。まず当事務所にご相談ください。

A21. 労使トラブルを未然に防ぐ規則の整備で会社は本業に打ち込む時間が増えます。
当事務所にご相談ください。

A22. 2020年民法大改正により未払い残業は5年間さかのぼり払いとされる予定があります。
気になる場合は早めの対策をしましょう。当事務所にご相談ください。

A23. 御社に適用できる助成金をご案内いたします。

A24. 採用方法や内容の検討が必要です。ご相談ください。

A25. 雇い入れの条件に寄りますが受けられる助成金は各種あります。

①従業員を1名以上雇用している、もしくは今後雇用する予定があれば対象になる助成金があります。
②法人の場合は雇用保険・社会保険に加入している、個人事業であれば雇用保険加入だけでも受けられるときがあります。
③会社都合の解雇を半年以内に行っていないこと。自己都合退職は影響ありません。
④法律に基づいた制度なので残業代未払い等の法令違反を犯していないこと。

補助金や金融機関の借入と異なり、返済の必要はありません。

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

港区、中央区、品川区、大田区 社会保険労務管理士 中島労務管理事務所

〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-15 浜松町三電舎ビル901

電話:03-5401-9012

※電話受付時間:月~金 9:00~18:00(年末年始を除く)

対応地区:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に応相談。

〒105-0013
東京都港区浜松町2-7-15 浜松町三電舎ビル901

電話:03-5401-9012

※電話受付時間:月~金 9:00~18:00(年末年始を除く)

対応地区:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に応相談。