同一労働同一賃金の実現に向けて

2020年4月1日にパートタイム・有期雇用労働法が施行され、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保が求められるようになりました。いわゆる「同一労働同一賃金」で、中小企業は2021年4月1日から適用されます。

この法改正は、同じ企業内における正社員と非正規雇用労働者との不合理な待遇差をなくすことを目的としています。では、この「不合理」とは、何を基準に判断するのでしょうか。
一つは、「均衡待遇」の観点です。これは、①職務内容(業務の内容+責任の程度)、②職務内容・配置の変更範囲(人事異動や役割の変化等の有無や範囲)、③その他の事情(職務の成果、能力、経験等)、を考慮した上での「均衡=バランス」のとれた待遇を意味します。このうち①と②が全く同じ場合には、「均等待遇」として差別的取り扱いが禁止されます。

待遇の範囲には、福利厚生や教育訓練なども含まれますが、やはり企業にとっても従業員にとっても影響が大きいのは賃金部分です。特に基本給について、どのように設計するかが難しいところですが、その手法として職務分析・職務評価の実施が推奨されています。

コンサルティングの活用を

職務分析とは、従業員それぞれの職務に関する情報を収集・整理し、職務内容を明確にすることです。その職務内容の大きさを点数化し、相対的に測定する手法が職務評価です。従業員の業務や能力を評価する人事評価とは異なり、いずれも職務そのものを分析し評価するものになります。

正社員と非正規雇用労働者を対象に、この二つを実施することで、「均衡待遇」および「均等待遇」を実現する賃金制度の設計が可能となりますが、実施には相応の労力がかかります。そのため、厚生労働省では導入支援として職務評価コンサルタントの無料派遣を行っています。
(⇒https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/)

標準的な派遣回数は6回程度、全国どこでも利用可能です。まずは自社で検討したい、という場合には、こちらのサイトからマニュアルや評価ツールをご覧ください。

※株式会社エムエムアイが運営する当事務所所属のデイリーコラムより抜粋。所属士業の先生方が執筆しています。(リンク)

*************************************

来年度から中小企業にも同一労働同一賃金が求められますが、実際にどこまで何をやるべきかが明確ではなく、人事専任の人材がいない中小企業にとっては対応が困難なことが想定されます。

そのため、厚生労働省では法改正内容の説明や対応方法、企業の取り組み事例の紹介などをサイトで行っていますが、特に賃金設計については職務分析・職務評価の実施を推奨し、手法をマニュアル化してサイトに掲載を行っています。これを実施すると、正社員と非正規社員の業務水準に応じた賃金水準の比較が可能となり、点数化によって合理的な説明のできる設計ができますが、非常に労力がかかることも懸念されます。そのため専門人材がいないと自社での実施は難しく、コンサルタントの派遣による導入支援を行っているものです。

法改正の詳細については、「パート・有期労働ポータルサイト」へ
⇒(https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/reform/